> > 東京都心・臨海地域でテスト走行 水素ではしる「燃料電池バス」

東京都心・臨海地域でテスト走行 水素ではしる「燃料電池バス」

記事を保存
東京都心・臨海地域でテスト走行 水素ではしる「燃料電池バス」

トヨタ自動車(愛知県豊田市)と日野自動車(東京都日野市)は7月24日~30日、東京都において燃料電池バス(FCバス)「トヨタ FC BUS」の実証実験を実施する。

同バスは、日野の「ハイブリッド ノンステップ路線バス」をベースに、トヨタの燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を搭載したFCバス。出力を高めるためにFCスタックとモーターなどを2個、高圧水素タンクを8本搭載し、バス用に最適な設計を実施。TFCSはトヨタ、シャシーをはじめバス本体は日野が担当する。

実証実験では、非常時を想定した「外部電源供給システムの公開給電実証」と、路線バスなど公共交通としての実用性を確認する「走行実証」を実施する。大都市における非常時の給電機能の実用性や、都内道路環境における走行性能を検証することにより、FCバスの技術開発を推進していく。

走行実証実験の走行予定ルート

走行実証実験の走行予定ルート

実証実験の実施計画

外部電源供給システム公開給電実証

  • 実施期間
    7月25日
  • 実施場所
    東京都環境科学研究所(江東区)
  • 使用台数
    1台

走行実証

  • 目的
    渋滞や頻繁な車線変更など、大都市特有の交通事情に応じた水素消費量やバスの操作性に関する乗務員の意見などをメーカーにフィードバックし、車両開発に反映してもらうことで、市場投入に際しての都営バスへのスムーズな導入を目指す。
  • 運行形態
    都営バス営業所を起点に、営業運行ではない実験・回送運行を行う。都心部・臨海地域における路線バスルートを中心に走行する。
  • 確認・調査内容
    車両性能(走行性能、燃費性能、快適性)、整備性(燃料電池と関連システムの点検整備内容や作業方法など)、水素充填(充填時間、作業手順)
  • 実施期間
    7月24日、27日~30日
  • 実施場所
    東京都都心部・臨海地域
  • 使用台数
    1台

水素を燃料として自ら発電して走るFCバスは、将来の水素社会実現に寄与する輸送手段として期待され、東京都は、水素社会の実現に向け、2020年までに計画的に燃料電池バス100台以上の導入を目指すこととしている。今回実証実験は、両社の今後の市場投入に向けた技術開発上の走行性能などの検証に、来年度からの都営バスへの導入に向けて東京都が協力するもの。

【参考】
東京都 - 燃料電池バスの走行実証実験について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.