> > 電力自由化後もFIT以上の利益を 慶大の「分散型電力価格決定メカニズム」

電力自由化後もFIT以上の利益を 慶大の「分散型電力価格決定メカニズム」

 印刷 記事を保存

慶応大学は24日、電力自由化後の電力市場で、時間や需給状況の変化に合わせて電力価格を変化させる制度を用いることで、電力市場参加者の利益を保証する分散型電力価格決定メカニズムを考案したと発表した。

なお、本成果は、JST(科学技術振興機構)戦略的創造研究推進事業において得られた。

求められる「2つの課題」を解決する電力価格決定メカニズム

電力ネットワークを安定して運用するためには、各時刻で電力需給量を一致させ、系統内の周波数変動を抑制する必要がある。しかし2016年に家庭向け電力小売自由化、2018~2020年に発送電分離が予定されている。電力自由化後の電力市場では、電力需要家および電力供給者は、市場管理者より提示された電力価格をもとに自身の電力需要量や発電量の決定をそれぞれ利己的に行うようになると考えられる。そのため、このような市場参加者の利己的な振る舞いを電力需給のバランスを考慮した振る舞いへと誘導するような電力価格決定メカニズムの考案が求められている。

一方で従来の電力価格を変化させるプライシング(価格設定)制度では、電力市場取引に参加した市場参加者の金銭的利益が、固定買取価格制度の利益を上回ること(個人合理性)が保証されておらず、金銭的に損をする可能性があった。このような金銭的な損失は人々が電力市場取引へと参加する意欲を妨げるものであり、次世代電力ネットワークの実現に向けて解決すべき課題となっていた。

(※全文:1,927文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.