> > 電力小売り自由化で鍵となる「顧客管理」 NTTソフトウェアも支援サービス開始

電力小売り自由化で鍵となる「顧客管理」 NTTソフトウェアも支援サービス開始

記事を保存
電力小売り自由化で鍵となる「顧客管理」 NTTソフトウェアも支援サービス開始

NTTソフトウェアは、電力やガスなどのエネルギー小売り自由化を見据え、エネルギー事業者向けに顧客の維持・拡大を支援するサービスを開始した。

数百万人の会員を抱えるサービスを運営する事業者向けに、さらなる会員の獲得や維持を目的とした新デジタルマーケティングソリューション「Marketing Authority(マーケティングオーソリティ)」を7月28日に販売。

特に、2016年の小売り自由化により競争が激化すると考えられるエネルギー事業者向けに、通信業界で培ったノウハウを基に、導入支援とコンサルティングサービス(オプション)を併せて展開する。

価格(税別)は、キャンペーンパックで1サーバー300万円(2016年3月31日までの限定価格)。コンタクトセンタ機能を除く、メール配信・アンケート・ポイント管理などを実装する。ハードウェア費用は含まない。

本製品は、会員管理機能をベースにした、メール配信・アンケート・ポイント管理・コンタクトセンタ機能を連携した統合ソフトウェア。これまでは、機能ごとに異なる製品を導入する企業が多く、機能をまたがったマーケティング施策の実施にはそれぞれの会員情報の連携に時間やコストがかかっていた。本製品では、機能にまたがった会員情報を一括管理することで、その課題を解消、多角的な施策の立案、実施、結果の分析、改善活動といったマーケティングのPDCAを一つのソリューションで効率よく実現する。

また多数の顧客を持つ大規模事業者向けの導入支援サービスでは、既存の顧客情報との連携を支援する機能などを用意している。

なお、「デジタルマーケティングソリューション」とは、ビックデータを用いて、顧客のニーズに合わせた価値・サービスなどを提供する製品・サービス等をいう。

エネルギー事業者は会員管理が経営基盤を安定化の鍵に

大規模会員サービスを継続していくためには、既存会員の維持や新規会員の獲得が重要となる。特に、2016年に電力、2017年にガスの小売りが完全自由化されるため、エネルギー業界での会員獲得競争は激しくなると想定される。既存の電力・ガス会社に加え多数の新規事業者の参入が見込まれていることから、エネルギー事業者では会員管理を徹底し、経営基盤を安定化させていくことが求められている。

一方、通信業界ではエネルギー業界に先駆けて通信自由化を経験し、マーケティング情報を活用した激しい会員獲得競争が行われてきた。NTTソフトウェアでは、この競争の中で培った数百万人規模の会員情報を扱うマーケティング基盤の構築ノウハウを保持していることから、エネルギー事業者にも同様の貢献ができると考え、本製品を開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.