> > イトーヨーカドー、西武百貨店などにEV・PHV用充電器設置へ 総数3380台

イトーヨーカドー、西武百貨店などにEV・PHV用充電器設置へ 総数3380台

記事を保存

セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)とNEC(東京都港区)は、全国45店舗の「イトーヨーカドー」「Ario」「そごう」「西武」に計3,380台の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)用充電器を設置する。

充電器と同時に、複数の充電器の利用者認証や課金管理、監視・制御などを一元的に行う壁掛け型充電コントローラ(NEC製)を設置する。NECはセブン&アイ・ホールディングスから本充電インフラを借用し、EV・PHV利用者に有料充電サービスを提供。本充電サービスは、国内自動車メーカー4社が設立した日本充電サービス(東京都港区)が発行する充電カードや、セブン&アイ・ホールディングスの電子マネー「nanaco(ナナコ)」を用いた決済に対応する予定。

11月以降、充電器を設置完了した店舗から順次、有料充電サービスの提供を開始する。本取り組みは、国内最大規模のEV・PHV用充電器導入事例。

今回EV・PHV用充電器を導入するのは、利用者の滞在時間が長く、日常生活で頻繁に訪れる商業施設。本取り組みにより、施設の利便性向上・誘客強化を目指すとともに、立ち寄った先でこまめに充電するEV・PHVの利用スタイルの確立や、環境配慮型の次世代自動車の普及促進による低炭素社会の実現に貢献したい考えだ。

なお、本充電インフラの導入にあたっては、政府による「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用している。また、本充電サービスは、リース事業を展開するNECキャピタルソリューション(東京都港区)や、EV・PHV向け充電サービスを提供するジャパンチャージネットワーク(神奈川県横浜市)と連携して実施する。

昨今、EV・PHVは大気汚染物質の排出が少ない環境配慮型の次世代自動車として、減税措置、補助金などにより普及が進められている。これらの次世代自動車の普及には、充電器をはじめとする充電インフラの整備が不可欠であり、政府の支援のもと商業施設や公共施設の駐車場での設置が始まっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.