> > 太陽光発電システムの平均購入額は「204万円」 購入世帯は若年層中心

太陽光発電システムの平均購入額は「204万円」 購入世帯は若年層中心

住宅金融支援機構の「住宅取得に係る消費実態調査(2014年度)」によると、太陽光発電システムの平均購入額は約204万円で、購入世帯比率は11.1%と2012年より微増、購入世帯主は若年層が多いことが分かった。

太陽光発電システムの購入世帯あたりの平均購入額は204万300円、1世帯あたりの平均購入額は22万7,100円。いずれも「乗用車(新車)」に次いで、その他の品目よりも一段高い水準となった。購入世帯比率は11.1%と2012年度(10.5%)より微増した。これは、建売住宅における購入世帯比率の増加が大きな要因となっている。

この調査レポートは記事末尾のリンクから詳細を見ることができる。

(※全文:600文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.