> > 家庭用燃料電池「エネファーム」じわじわ普及 東京ガスは販売台数5万台超える

家庭用燃料電池「エネファーム」じわじわ普及 東京ガスは販売台数5万台超える

記事を保存

東京ガス(東京都港区)は、8月18日に家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数が5万台を達成したと発表した。

エネファームは、省エネ・省CO2などの環境性に加え、社会的ニーズの高まっているエネルギーセキュリティの向上や、電力ピークカットに貢献する分散型エネルギーシステム。同社は、2009年5月に世界で初めて同製品の販売を開始した。2014年4月には世界で初めてマンション向けエネファームを、今年4月には日本で初めて希望小売価格で160万円を実現した戸建て向け新製品を発売した。

2009年度の販売台数は約1,500台だったが、徐々に増え、2014年度は約14,000台を売り上げ、累計販売台数は約43,400台。エネファームの累計販売台数が5万台に達したのは同社が初めて。2015年度は18,100台の販売を目指す。

エネファームは、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気は家庭内で利用し、その際に出る熱も給湯に利用する。電気をつくる場所と使う場所が同じであるため送電ロスがなく、また発電時に出る熱を無駄なく活用できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.