> > 「思うように発電しない太陽光発電所」、改善します! 計画発電量も保証

「思うように発電しない太陽光発電所」、改善します! 計画発電量も保証

記事を保存
「思うように発電しない太陽光発電所」、改善します! 計画発電量も保証

CO2O(東京都港区)は、計画した発電量の確保に問題を抱えている産業用太陽光発電所のオーナーを対象に、不具合個所の特定から改善提案および運用・保守(O&M)サービスまでを含めた太陽光発電所の再生事業を開始する。

また、同社がO&Mサービスを提供する太陽光発電所について、同社による改善提案を実施した上で計画発電量を保証するサービスも始める。同社によると、このサービスの実施は国内初だ。

太陽光発電所の再生事業について

現在、太陽光発電業界では、ここ数年のいわゆる太陽光バブル期に建設された太陽光発電所において、設計・施工および保守・運用体制の不備といった理由から、当初計画していた発電量が確保できないという問題が多発している。同社が開始する再生事業は、こうした太陽光発電所に対して、設計図書や各種履歴の確認、現地調査の実施、実日射強度や気温などの要素から想定発電量を算出し、改善に必要な費用と期待できる発電収益を明らかにした上で、運用効率を最大化する再生プランを提案するものである。また発電所の修繕実施後はO&Mサービスを提供し、太陽光発電所の資産価値と長期にわたる収益性の向上を図る。

発電量保証サービスについて

再生事業と併せてサービスを開始する発電量保証プランは、同社による継続的なO&Mサービスの実施によって計画した発電量の維持を保証するもの。これにより同社は、同社が提示した計画発電量を達成できなかった場合、発電量不足によって生じた売電収益の損失を年間O&M費用を上限として補填する。具体的な条件については、顧客との事前協議によって取り決めることになる。また同社では保険会社との協力による保証内容の拡充を計画しており、2015年秋からの導入を予定している。

発電量低下の原因の多くは設計・施工上の不具合

同社代表取締役の酒井氏は、「CO2Oは世界最大手の太陽光モジュールメーカーに対するアフターサポートを数多く手掛けているが、発電量低下を中心とするクレーム案件は、モジュールではなく設計・施工上の不具合が大部分を占めているのが実態」「私たちは、設計図書や各種履歴の分析と発電所の調査・診断を行うことによって、売電量の向上を図ることが可能な発電所も多いと考えている」と話している。

同社は太陽光発電所の問題解決に当たって現地調査を重視する。発電所に内在するリスクとバリューのバランスおよび費用対効果を考慮した改善プランを提案するほか、運用方法についてもアドバイスしている。また最近では、施設評価のセカンドオピニオンに加え、不具合原因の特定が困難な案件について同業者から調査を依頼されるケースが急増しているという。

CO2Oについて

CO2Oは太陽光発電所の収益性向上を目的とした運用サポートを提供するO&Mサービスプロバイダー。現在同社は、O&Mを手掛ける発電所が約70MW、評価診断業務が約60MW、メーカーサポート1社の実績を有している。さらに現在、特別高圧案件(累計150MW程度)のO&M受託に向けた協議を進めており、2015年度中のサービス開始を予定。同社2015年1月期の売上高は3億円であり、来期2016年1月期は20億円超を見込んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.