> > 色んな種類の小水力発電、環境省が性能を評価します ETV事業で2次公募

色んな種類の小水力発電、環境省が性能を評価します ETV事業で2次公募

 印刷 記事を保存

環境省では2015年度の環境技術実証事業のうち、中小水力発電技術分野において、今年度の実証対象技術の2次募集を行っている。公募締め切りは9月18日まで。

中小水力発電技術については、近年発電機等の製造に多種多様な企業等が参入してきており、その性能について、客観的な観点で実証等を行うことが課題となっている。これを受け、同省は2013年度よりこの分野での実証試験を実施してきた。

同公募で実証対象となる技術は、「水の位置エネルギー等を活用し、渓流、河川部、排水路などの流量と落差を利用して小規模、小出力の発電を行う技術等」で、おおむね出力100kW未満のもの。

具体的に想定される技術は下表のとおり。

(※全文:1,015文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.