> > 太陽光発電、「落雪で危険な経験」は7% 山形市民のアンケート調査結果

太陽光発電、「落雪で危険な経験」は7% 山形市民のアンケート調査結果

 印刷 記事を保存

山形市では、2014年度に各家庭に設置された太陽光発電設備についてのアンケート調査を実施し、結果を公表した。この調査は、2013年度に市の補助金を利用し、太陽光発電設備を設置した市民を対象に実施したもので、238名からの回答が得られた。

「太陽光発電装置を設置した一番の動機」の回答は「電気代を節約できる」が25%だった。また、市の補助金が交付されるので設置を決めたとする意見が74%を占めた。発電装置の取り扱い方法について設置事業者から充分な説明があったとする意見は53%にとどまっている。

(※全文:778文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.