> > 九電、電力小売自由化に向け新料金メニューを発表 古いメニューは一部停止

九電、電力小売自由化に向け新料金メニューを発表 古いメニューは一部停止

記事を保存

九州電力は、電力小売りが全面自由化される2016年4月に向けて、リニューアルが決定した料金メニューと、それに伴い新規加入を停止する料金メニュー等について公表した。

同社は、電力全面自由化を受け、顧客がライフスタイルに合わせて選べる新しい料金メニューの検討を進めている。

その中で、現行の季時別電灯など時間帯別に料金を設定している一部の料金メニューについては、顧客のニーズ等を反映して、よりきめ細かに時間帯区分(季節・昼夜・平休日等)を設けた新しい料金メニューにリニューアルすることを決定している。

これに伴い、家庭・商店・事務所・工場などの個人顧客を対象した「季時別電灯」など時間帯別に料金を設定している一部の料金メニューについて、2016年4月以降新規加入を停止する。

新規加入を停止するのは、「季時別電灯」(使用量の料金単価を2季節<夏季・その他季>、3時間帯<デイタイム・リビングタイム・ナイトタイム>に分けて設定したメニュー)のほか、「時間帯別電灯」(昼間の料金単価を割高に、夜間を割安に設定したメニュー)、「ピークシフト電灯」(ピーク<夏季7~9月の13~16時>・昼間の料金単価を割高に、夜間を割安に設定したメニュー)、また、電気温水器等を所有する顧客を対象とした「深夜電力B」(深夜の8時間に動力を使うことで、昼間よりも割安な料金で電気を使えるメニュー)など。

なお、2015年3月31日時点で、これらの料金メニューに加入している顧客は、2015年4月1日以降も引き続き契約できる。

新しい料金メニューの全体像・料金等については、今後も検討を進め、2016年1月頃に公表する予定。これらについて、住宅の新築やリフォーム等を予定している顧客に向けて、同社ホームページ等を活用して、広く通知していく。

1.きめ細かに時間帯区分を設けた新しい料金メニュー

きめ細かに時間帯区分を設けた新しい料金メニューのイメージは、次のとおり。

きめ細かに時間帯区分を設けた新しい料金メニューのイメージ

「休日昼間」は「平日昼間」より電気料金が安くなり、同様に電気料金が安くなる「夜間時間」は、3つのパターンから選べるようになる。また、「春・秋」も「夏・冬」より電気料金が安くなる。

2.新規加入を停止する料金メニュー

新規加入を停止する料金メニューは次のとおり。

対象

「季時別電灯」・「時間帯別電灯」・「ピークシフト電灯」・「深夜電力A」・「深夜電力B」・「第2深夜電力」

時期

2015年4月1日から

※2015年3月31日時点で当該料金メニューに加入している顧客は、2015年4月1日以降も引き続き契約できる。

3.参考 2015年4月以降も引き続き加入できる料金メニュー

現行供給約款メニュー

「従量電灯A・B・C」・「定額電灯」・「公衆街路灯」・「低圧電力」・「農事用電力」・「臨時電灯」・「臨時電力」

現行選択約款メニュー

「高負荷率型電灯」・「低圧季時別電力」

【参考】
九州電力 - 平成28年4月に向けた新しい料金メニューの設定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.