> > 九電、電力小売自由化に向け新料金メニューを発表 古いメニューは一部停止

九電、電力小売自由化に向け新料金メニューを発表 古いメニューは一部停止

 印刷 記事を保存

九州電力は、電力小売りが全面自由化される2016年4月に向けて、リニューアルが決定した料金メニューと、それに伴い新規加入を停止する料金メニュー等について公表した。

同社は、電力全面自由化を受け、顧客がライフスタイルに合わせて選べる新しい料金メニューの検討を進めている。

その中で、現行の季時別電灯など時間帯別に料金を設定している一部の料金メニューについては、顧客のニーズ等を反映して、よりきめ細かに時間帯区分(季節・昼夜・平休日等)を設けた新しい料金メニューにリニューアルすることを決定している。

これに伴い、家庭・商店・事務所・工場などの個人顧客を対象した「季時別電灯」など時間帯別に料金を設定している一部の料金メニューについて、2016年4月以降新規加入を停止する。

(※全文:1,102文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.