> > 東京都、熱利用設備に補助金 ガスコジェネ・熱導管・地中熱利用設備など

東京都、熱利用設備に補助金 ガスコジェネ・熱導管・地中熱利用設備など

記事を保存
東京都、熱利用設備に補助金 ガスコジェネ・熱導管・地中熱利用設備など

東京都では、低炭素・快適性・防災力を兼ね備えたスマートエネルギー都市の実現に向け、以下の2つの補助事業を開始する。

ガスコージェネレーションシステムおよび熱電融通インフラの導入に対する支援

ガスコージェネレーションシステム(CGS)および熱電融通インフラ(熱導管・送電線等)に対する補助事業。事業期間は2015年度から2019年度まで(補助金の交付は2021年度まで)。

申請期間

2015年9月30日~(第2回の申請受付は12月頃予定)

補助対象事業者

補助対象機器を都内に導入する開発事業者等

補助対象機器

  1. 災害時等に系統電力が途絶えた場合において、自立運転が可能なCGS(50キロワット以上)
  2. CGSからの熱または電気を建物間で融通可能にする熱電融通インフラ

補助額(補助率)

01.と02.とを併せて導入する場合

  • CGSの設置に要する経費の1/2以内(上限4億円)
  • 熱電融通インフラの設置に要する経費の1/2以内(上限1億円)

01.のみを設置する場合

  • CGSの設置に要する経費の1/4以内(上限1億円)

補助条件

地中熱利用設備の導入に対する支援(地中熱利用促進事業)

地中熱を利用した設備の導入に対する支援を行う。

事業イメージ

事業イメージ

申請期間

2015年10月5日~2016年3月31日

補助対象事業者

都内の建物に地中熱を導入する民間事業者で、新エネルギー促進協議会が実施する「再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金」の交付決定を受けているもの

補助対象機器

地中熱を利用した空調、給湯などの設備

補助額(補助率)

地中熱利用設備の導入に要する経費の1/6以内(上限額は2千万円)とするが、国補助との併給により、合計で1/2の補助額となる。

補助条件

地中熱の普及啓発への協力及び、同設備の設置に関する工事資料、運転試験データの提供を行うこと。

【参考】
東京都 - スマートエネルギー都市の推進に向けた補助事業開始のお知らせ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.