> > インドで日本の蓄電池技術は通用するか? 市場分析・調査を行う事業者募集

インドで日本の蓄電池技術は通用するか? 市場分析・調査を行う事業者募集

 印刷 記事を保存

資源エネルギー庁は、インドにおける蓄電池導入のための技術および市場分析調査について、一般競争入札で事業者を募集する。

同事業は、インドの電力市場を調査するとともに、「蓄電池技術や国内外の電力分野における蓄電池ビジネスの実態の分析」、また「インド市場への蓄電池導入に適切な技術および必要となる政策等に関するインド政府への提言案を作成すること」を目的としている。

インドにおける蓄電池導入のための技術および市場分析

インドにおける各種蓄電池技術(鉛、NaS、レドックスフロー、リチウムイオン)のインド市場への適合性に関する調査分析を行う。なお、現状の電力網の設備状況や将来の再生可能エネルギー電源の導入目標を踏まえ、コストやビジネスモデルも勘案した上で調査すること。

(※全文:1,168文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.