> > 東急電鉄も電力小売事業に参入 グループのケーブルテレビや不動産とも連携

東急電鉄も電力小売事業に参入 グループのケーブルテレビや不動産とも連携

記事を保存

東急電鉄は、10月1日より東急パワーサプライ(資本金1億円)を設立し、電力小売事業を行う。国内電力小売市場の全面自由化にあわせ、2016年4月から一般家庭に向け、電力サービスの提供を開始する。

同社は、東急線沿線に住む顧客を中心に、リーズナブルな料金設定で電力サービスを提供していく予定だ。また、同グループのケーブルテレビ各社や不動産関係各社と連携し、事業展開する方針だ。事業開始から10年間で約50万世帯との契約を見込む。

具体的なサービス対象は、東京都、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)の、主に一般家庭。

同電鉄の路線は、東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.