> > 東芝ライテック、「スマートメーター情報発信サービス」対応のHEMSを発売

東芝ライテック、「スマートメーター情報発信サービス」対応のHEMSを発売

記事を保存
東芝ライテック、「スマートメーター情報発信サービス」対応のHEMSを発売

東芝ライテックは、各電力会社のスマート電力量メーター情報発信サービスに対応したホームゲートウェイ(HEM−GW16A)の新製品を10月1日に発売する。

また、同社が運営するHEMSクラウドサービス「フェミニティ倶楽部」も、これに対応するようリニューアルされる予定だ。スマート電力量メーターとの通信(Bルート)により積算電力量や瞬時電力などを、同クラウドサービスに蓄積することができる。

PC・タブレット画面

PC・タブレット画面

新製品の特長は下記のとおり。

スマートメーターとの通信インターフェイスを内蔵

スマート電力量メーターとHEMSコントローラ間アプリケーション通信インターフェイス規格・Wi−SUN Profile for ECHONET Liteを内蔵。

従来モデルに比べて、容量比で約20%の小形化

新製品のサイズは、幅125ミリ×奥行き28.5ミリ×高さ125ミリ。

無線LAN通信インターフェイス、および無線

Bluetooth®を内蔵。

スマートフォン画面

スマートフォン画面

SimpleHEMSTM搭載

インターネットに接続することなく、家庭内で見える化や家電操作が可能となるSimpleHEMS機能を搭載。この機能は、スマート電力量メーター、HEMS対応住宅用分電盤スマートホームパネル、エネルギー計測ユニット、LED照明、LEDダウンライト、蓄電池、給湯機等に対応。

今後も、東芝グループは、スマート電力量メーターとクラウドサービスを連携し、スマート家電や太陽光発電・家庭用蓄電池燃料電池など新エネルギー機器をHEMSにより効率的に制御するスマートホーム技術の開発や、製品の拡大に取り組んでいく構えだ。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.