> > 長崎県雲仙市の「未利用」温泉熱、バイナリー発電で町おこしに貢献

長崎県雲仙市の「未利用」温泉熱、バイナリー発電で町おこしに貢献

記事を保存
長崎県雲仙市の「未利用」温泉熱、バイナリー発電で町おこしに貢献

小浜温泉バイナリー発電所 発電設備

日本アジア投資(東京都千代田区)は2日、投資先である洸陽電機(兵庫県神戸市)が、長崎県雲仙市小浜温泉において、温泉の未利用熱を活用した「小浜温泉バイナリー発電」の事業運転を開始したと発表した。

「小浜温泉バイナリー発電所」では、3年間(2011年度~2013年度)にわたる環境省の温泉発電実証事業によって調査、建設、試験が進められてきた。その後、2014年6月に洸陽電機が発電所を買い取り、スケール対策や高効率化の改善工事を行い、9月2日に事業運転が開始された。

同発電所の発電出力(最大発電端出力)は216kW(72kW×3基)。年間売電量は一般家庭220世帯分の電力に相当する79万2,000kWhで、年間売電額は3,168万円を見込んでいる。発電した電力は、新電力事業者である洸陽電機が一部を買い取り、地域内外へ供給を開始する。

同発電所では、洸陽電機と地域の代表法人である一般社団法人小浜温泉エネルギー(長崎県雲仙市)が主体となり、地域と共同で行う町おこしの発電事業を目指している。両者による事業運転開始セレモニーの開催や、発電所の見学ツアーを小浜温泉観光協会が企画するなど、すでに取り組みの一部が始まっている。

洸陽電機について

洸陽電機は、クリーンエネルギーの開発、電力の調達・販売、省エネルギーソリューションの提供を行うベンチャー企業であり、バイナリー発電についても、同発電所の実績を足掛かりとして、全国の温泉地へ展開することで、自然エネルギーの普及に努めていく考えだ。

また、売電事業と並行して地域団体と協力した地域振興を目指し、発電所の視察受け入れによる観光客の増加や、環境教育、二次温泉水の利用による産業の拡大・雇用促進等に努めている。

日本アジア投資グループは2014年5月に洸陽電機に投資を実行しており、今後もその成長を支援していく。

小浜温泉エネルギー活用推進プロジェクトについて

小浜温泉エネルギーによると、小浜温泉ではこれまでにも、地熱・温泉資源のエネルギー活用が検討されたことがあった。しかし新たな地熱開発による湯の枯渇を恐れた地元の反対などにより、実現には結びつかなかった。

こうした中、2007年から長崎大学が中心となり、新たな掘削をともなわない、未利用温泉熱の活用について地元関係者への働きかけを始めた。協議の結果、未利用温泉熱の活用のためには、地元と産学官が連携した「協議会」を設立して、意見集約や合意形成を行っていくべきとの結論に至った。これを受け、2011年3月、「小浜温泉エネルギー活用推進協議会」が発足。さらに同年5月に、協議会で検討した内容を実現していくための実行組織として、「一般社団法人 小浜温泉エネルギー」が設立された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.