> > 天気予報から太陽光発電量を予測、蓄電池を自動制御するクラウド型HEMS

天気予報から太陽光発電量を予測、蓄電池を自動制御するクラウド型HEMS

記事を保存
天気予報から太陽光発電量を予測、蓄電池を自動制御するクラウド型HEMS

NECは、住宅メーカーや太陽光発電メーカーなどの事業者向けに、気象予報から太陽光発電量を予測し、蓄電システムを自動制御するクラウド型HEMSを発売した。製品の出荷は11月下旬より、蓄電システムを自動制御するサービスは12月中旬より開始する予定だ。

製品の特長

1. 気象予報から太陽光発電量を予測し、蓄電システムを自動制御

気象予報から翌日の太陽光発電量を予測し、同社製小型蓄電システムの充電タイミングを自動制御する。例えば、翌日の気象予報が曇りの場合、日中の太陽光発電量が少ないと想定されるため、前日の深夜電力を使い充電を行う。これにより、エネルギーの自給自足のために、蓄電システムを効率的に利用し、太陽光発電で得た再生可能エネルギーや安価な深夜電力などを蓄電システムに貯蔵し利用できる。

2. スマートメーターから家全体の正確な総電力利用量を受信可能

リビングやキッチンなどブレーカーごとの電力消費量の計測に加え、スマートメーターから家全体の正確な電力消費量データを受信可能(Bルート対応)。計測したデータは瞬間値の他、日別、月別、年別など様々な集計が可能で、省エネ意識向上に貢献する。

3. クラウドに蓄積したデータの活用サービスを提供

クラウドに蓄積した電力消費量や太陽光発電量などを集計・加工した傾向データを活用することで、住宅メーカーや太陽光発電メーカーなどの事業者が新たなサービスを創出できる。

イメージ

イメージ

同社は、同新製品について、3年間で10万台の販売台数を見込んでいる。また、今後、電力測定機能を有する他社製機器への対応も予定しており、まずはオムロン製住宅向け太陽光発電用計測ユニットとの連携する事業計画が公表されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.