> > 資源エネ庁、「小売電気事業者」を採択 第1弾はこの40社

資源エネ庁、「小売電気事業者」を採択 第1弾はこの40社

 印刷 記事を保存

経済産業省は8日、2016年4月の電力小売りの全面自由化以降、すべての消費者に電気を販売できる「小売電気事業者」の第一弾として、40社を事前登録したと発表した。今後、7日までに申請のあった80件についても、審査が終了次第、順次登録を行っていく。

来年4月から、これまで各地域の一般電気事業者が独占的に行っていた家庭・小規模事業所向けの電気の販売が自由化される。この電力小売りの全面自由化後、経済産業大臣の登録を受けた小売電気事業者は、一般家庭を含めた全消費者に電気の販売を行えるようになる。

第1弾の小売電気事業者の主な顔ぶれ

今回小売電気事業者として登録されたのは、新電力(PPS)、石油元売り会社、ガス会社など40社。

※全文:5636文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.