資源エネ庁、「小売電気事業者」を採択 第1弾はこの40社

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は8日、2016年4月の電力小売りの全面自由化以降、すべての消費者に電気を販売できる「小売電気事業者」の第一弾として、40社を事前登録したと発表した。今後、7日までに申請のあった80件についても、審査が終了次第、順次登録を行っていく。

来年4月から、これまで各地域の一般電気事業者が独占的に行っていた家庭・小規模事業所向けの電気の販売が自由化される。この電力小売りの全面自由化後、経済産業大臣の登録を受けた小売電気事業者は、一般家庭を含めた全消費者に電気の販売を行えるようになる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報