> > 東京モーターショー2015:日野自動車、燃料電池バスを出展

東京モーターショー2015:日野自動車、燃料電池バスを出展

記事を保存
東京モーターショー2015:日野自動車、燃料電池バスを出展

日野自動車は、10月29日(木)から11月8日(日)まで、東京都の東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に世界初公開となる燃料電池バスのコンセプトモデル、大型ハイブリッドトラック、さらに新たな安全技術を搭載した小型トラックなど6台のほか、エンジン2基を出展する。

展示される自動車・エンジンの詳細は以下の通り。

燃料電池バス

1.FUEL CELL BUS (フューエル セル バス)<参考出品車>

水素を燃料として自ら発電して走る燃料電池バス。走行時のCO2排出量ゼロという高い環境性能に加え、外部給電機能も備える。将来の水素社会実現に寄与する輸送手段として期待されており、日野自動車は、トヨタグループの一員として燃料電池バスの技術開発を進めている。

ハイブリッドトラック

2.日野プロフィア ハイブリッド <参考出品車>

日野プロフィア ハイブリッド

日野プロフィア ハイブリッド

大型トラック「日野プロフィア」をベースとしたハイブリッドトラック。同社のハイブリッド技術を大型トラックに採用した。長い距離を走る大型トラックの燃費を追求するというコンセプトのもと、ハイブリッド技術を走行に用いるだけでなく、ハイブリッドシステムを応用した電動冷凍システ・空気抵抗を低減するアイテム・廃熱回収発電システムなど、燃費向上技術を備える。

3.日野デュトロ ハイブリッド (衝突被害軽減ブレーキ搭載車)<参考出品車>

日野デュトロ ハイブリッド

日野デュトロ ハイブリッド

小型トラック「日野デュトロ ハイブリッド」は、従来までの小型ハイブリッドトラック、日野デュトロ ハイブリッドに衝突被害軽減ブレーキを搭載した。既に大型トラック・バスに標準装備となっている衝突被害軽減ブレーキに更に改良をし、先行車に対する追突回避だけではなく、停止車や歩行者との衝突回避を支援することが可能となった。

高効率・低燃費なエンジン

4.エンジン展示

A09Cエンジンは、主に大型トラック「日野プロフィア」に搭載される、総排気量が8.866リットルと、燃費の良さと高い環境性能を備えたダウンサイジングエンジン。2007年発売開始。

A05Cエンジンは、A09Cエンジンをベースにした、主に中型車用のダウンサイジングエンジンで、基本構造は同じとしながらも世界初採用となる「ディンプルライナー」や超高圧コモンレール等を採用し、A09Cエンジンより低い総排気量5.123リットルを実現した。

(写真左)A09Cエンジン、(写真右)A05Cエンジン

(写真左)A09Cエンジン、(写真右)A05Cエンジン

ディンプルライナーとは、日本ピストンリングとの共同開発されたシリンダーライナー。ピストンリングの外周面にディンプル加工されたシリンダーは、ピストンリングの外周面とシリンダーの内壁面で接触面積が減り、摩擦を低減させてより高い燃費性を可能にする。

A05Cエンジンは、今年の10月1日に発売されたばかりの「日野レンジャーFE」に搭載され、また、今年の12月1日に発売する「日野ブルーリボンハイブリッド」にも搭載される。

第44回東京モーターショー2015

10月29日(木)~11月8日(日)
日野自動車は、東京ビッグサイト東1ホールに出展する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.