> > 水害時の太陽光発電システム、点検と撤去の手順 JPEAがガイドライン公開

水害時の太陽光発電システム、点検と撤去の手順 JPEAがガイドライン公開

 印刷 記事を保存

太陽光発電協会(JPEA)は、2015年10月9日に、太陽光発電システムの電気主任技術者・販売施工事業者に向けて、公共産業用システムが水害により被災した場合の点検・撤去に関する手順と留意点についての文書を発表した。

太陽光発電システムは、水害にあった場合機能不全となるが、太陽電池パネルは光が当たると発電するため、電力系統側を遮断し、パワーコンディショナーを停止しても、直流側のケーブルや機器端子は充電されている状態となる。また、被災することで絶縁性が低下し、予期しない箇所に電流や電圧が印加されている場合があり、感電リスクが懸念される。

水害被災時における太陽光パネル取り扱い方法がわかる!

この文書「太陽光発電システム被災時の点検・撤去に関する手順・留意点【水害編】」では、大きく分けて下記2点の手順や留意点が詳細に示されている。

(※全文:820文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.