> > 「追尾式×両面太陽光発電」で目指せ設備利用率20%! 札幌市で実証実験へ

「追尾式×両面太陽光発電」で目指せ設備利用率20%! 札幌市で実証実験へ

記事を保存
「追尾式×両面太陽光発電」で目指せ設備利用率20%! 札幌市で実証実験へ

10月13日、フジプレアム(兵庫県姫路市)はPVG Solutions(神奈川県横浜市)などと協力し、追尾式架台と両面発電の太陽電池を組み合わせた、「年間設備利用率 20%を超える太陽光発電システム」の実証実験を札幌市内で開始すると発表した。

本事業「雪を克服する追尾式両面発電システムの開発事業」の目的は、年間設備利用率 20%を超える太陽電池システムを実証し、積雪寒冷地の再生可能エネルギーの利用を促進することだ。

今回、同事業は北海道による「平成 27 年度 環境・エネルギープロジェクト形成促進事業」、および札幌市による「札幌型環境・エネルギー技術開発支援事業」に採択された。今年度中に北海道科学大学敷地内に本システムを設置し、実証を開始する。

事業を行うコンソーシアムの構成員は以下の4団体。

  • PVG Solutions:「両面太陽電池セルの供給、太陽電池モュール・システムの設計支援」
  • フジプレアム:「追尾式太陽電池システム・太陽電池モジュールの供給、本システムのO&M」
  • 北海道科学大学(北海道札幌市):「実証システム設計、データ計測・監視、データ分析、実証場所の提供」
  • KITABA:「市場性調査、デザイン性検討」

本システムの特徴は、以下の3点である。

  1. 追尾式架台
  2. 両面発電太陽電池
  3. 高効率発電・設備利用率発電量」

追尾式架台を用いると、積雪時、地面に対して垂直方向にモジュール面を制御し、モジュール面への積雪をゼロに抑えられる。両面発電太陽電池は垂直時でも両面で発電することで、冬季の発電ロスをゼロに抑える。また、追尾式架台1.4倍×両面発電1.2倍=1.68倍の年間設備利用率※を実現。従来値13%×1.68倍=21.8%を目指す。

※年間設備利用率(%)=年間発電量÷(発電設備容量×365 日×24 時間)×100。経済産業省「第13回調達価格等算定委員会(2014年2月17日)」より、太陽光発電の年間設備利用率の指標は 13%程度とされている。

PVG Solutionsは両面発電太陽電池セル製造を始めとした太陽電池セル関連事業に取り組むベンチャー企業。独自の両面発電太陽電池セルの高い技術力で、太陽電池の技術革新を期待されている。

フジプレアムは、独自の精密貼合技術を基本とした研究開発型企業。2000年からは太陽電池モジュールの生産を開始、環境ビジネスにも注力しており、他社にはない独自技術を活かしたメーカーとして期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.