> > 東急グループ、家庭向け電力を東急線沿線で販売 12月より先行受付

東急グループ、家庭向け電力を東急線沿線で販売 12月より先行受付

記事を保存
東急グループ、家庭向け電力を東急線沿線で販売 12月より先行受付

電力小売事業に新規参入する東急パワーサプライと、東急線沿線のケーブルテレビ会社のイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム、東京都世田谷区)は、2016年4月の電力小売りの全面自由化にあわせ、電力サービスの販売面などにおいて業務提携することに合意した。

この提携に伴い、イッツコムは東急パワーサプライが展開する一般家庭向け電力サービスを提供メニューに加え、12月から同社サービスエリアにて、先行受付を開始する。

両社はともに東急グループ。今回の提携により、両社のノウハウ、商品力を結集することで、顧客にメリットのある電力サービスを提供していく。

東急グループの小売電気事業者として10月に設立

東急パワーサプライは、2015年10月に設立された東急グループの小売電気事業者。電力小売りの全面自由化にあわせ、2016年4月から一般家庭に向け電力サービスの提供を開始する予定。

同社はリーズナブルな料金設定に加え、東急グループの各種商品・サービスと連携することで、顧客の快適でスマートな暮らしをサポートすることを目指している。また、ケーブルテレビ各社や不動産関係各社との広範な提携を展開することで、サービス開始後10年間で約50万世帯の加入を想定している。

事業展開においては、東急線沿線を最重要エリアと位置付けており、本エリアに根差した営業・サポートを強みとするイッツコムと提携することは、電力サービスの顧客獲得に大いに寄与するものと考えている。

約82万世帯を有するケーブルテレビ会社

イッツコムは、東急線沿線の地域に根差した放送・通信インフラ事業者としてテレビ、インターネット、電話などを提供しており、約82万世帯(2015年9月末時点)の顧客を有する。電力サービスをイッツコムの提供メニューに加えることで、新たな顧客の獲得や維持を図ることができると期待している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.