> > 環境省、「地域主導の再エネ事業」を引っ張っていく人のための研修会を開催

環境省、「地域主導の再エネ事業」を引っ張っていく人のための研修会を開催

記事を保存

環境省は、地域主導による再生可能エネルギー事業の普及を促進するための研修会を、全国6地域で実施する。参加費は無料。

プログラムの概要

順序は、会場によって前後する。

  1. 講義「再生可能エネルギーの基礎知識」
  2. 事例紹介1「事業者による事例紹介」
  3. 事例紹介2「事業化検討協議会等による事例紹介」
  4. 有識者による講演 「地域主導型再生可能エネルギー事業の意義」
  5. ワークショップ 「再生可能エネルギー事業による地域課題の解決」

各会場の実施日と、講師(予定)は下記の通り。開催時間帯は、いずれの会場も12時30分から17時まで。

実施日 場所 講師
有識者講演 講義 事例紹介1 事例紹介2
11月26日(木) 長野 名古屋大学大学院
丸山准教授
トーマツ 北海道下川町 自然エネルギー信州ネット
12月1日(火) 静岡 会津電力
佐藤社長
トーマツ 北拓 しずおか未来エネルギー
12月4日(金) 盛岡 サステナジー
山口社長
トーマツ グリーンエネルギー青森 ほうとくエネルギー
12月7日(月) 熊本 一橋大学大学院
山下准教授
トーマツ サステナジー しずおか未来エネルギー
12月10日(木) 東京 名古屋大学大学院
丸山准教授
トーマツ グリーンエネルギー青森 多摩循環型エネルギー協会
12月11日(金) 広島 一橋大学大学院
山下准教授
トーマツ 巴商会 しずおか未来エネルギー

対象者

  • 地方公共団体
  • 地域主導型再生可能エネルギー事業を検討している民間企業等

定員

東京会場は100名程度、その他会場は50名程度まで。定員に達し次第締め切られる。申し込みサイトより、各開催日の3日前まで登録可能だ。

再生可能エネルギーの普及は、地域による特性を考慮した事業計画や、地域の一人ひとりが参画できる環境づくりなどが必要だ。さらに事業化する場合、地域の実情を考慮し、地方公共団体など様々な関係者との合意形成を図ることも重要だ。

同研修会は、地域主導によって企画・立案される再生可能エネルギー事業の拡大を目的に、地方公共団体及び民間団体等を対象とし実施され、同事業を担う人材育成を支援するもの。

【参考】
環境省 - 第2回地域主導型再生可能エネルギー事業の普及促進に係る研修会の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.