> > 三井住友、水素ステーションを「リース」 埼玉県と賃貸借契約

三井住友、水素ステーションを「リース」 埼玉県と賃貸借契約

 印刷 記事を保存

三井住友ファイナンス&リースは、11月10日、埼玉県向けにリース方式の水素ステーション設備の導入事業を開始することに同県と合意し、賃貸借契約を締結した。リース方式による水素ステーション設備の導入は国内で初めてのケースとなる。

この事業は、同社が代表事業者、同県が共同事業者として実施され、環境省及び経済産業省による「平成27年度地域再エネ水素ステーション導入事業」の2次募集で採択されたもの。再生可能エネルギー由来の水素ステーション導入事業に、その設置費用が支援される。水素ステーション1基あたり最大1.2億円が、補助金の上限額。

(※全文:562文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.