> > まだまだ使えることも多い!自然災害や施工不良の「中古太陽光発電パネル」

まだまだ使えることも多い!自然災害や施工不良の「中古太陽光発電パネル」

記事を保存

ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、中古パネルだけを使用した自社太陽光発電所を建設し、2018年までに国内に累計5MW設置を目標とすることを発表した。

2015年6月、同社は本社敷地内(長野県駒ヶ根市)に50kWの発電所を完成させた。同発電所には施工不良や自然災害の影響で使用を断念したパネルが2種類設置されている。年内には同市内に300kWの発電所の建設開始を予定している。

この中古パネル発電所の建設は、現段階では確立されていない顧客や金融・保険会社に対する中古パネルの信頼性(耐用年数・発電実績等)の実証、更に同社自身のO&Mサービスおよび評価・検査等の技術の蓄積が可能となる。またリユースの活用が広まることにより、太陽光発電所の延命化が行われ、その結果として発電単価も下がり、社会インフラの重要な役目を担うと予測されている。

2012年7月の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」から3年が経過した現在は、買い取り価格の引き下げに伴い、今後は導入コストを抑えることができる中古パネルの需要が増えていくことが見込まれる。

同社は2005年より中古パネルリユース事業を国内で先駆けて行い、数万枚を超える中古パネルの検査・評価実績をもつ。同社の前年度の中古パネル買い取り枚数は5,000枚以上。今年度も引き続き積極的な買い取りを継続していき、同時に、中古パネルの有効な活用方法についても検討していく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.