> > 埼玉県所沢市、駅前の植栽に有機系太陽電池を利用した自立型誘導灯を設置

埼玉県所沢市、駅前の植栽に有機系太陽電池を利用した自立型誘導灯を設置

記事を保存
埼玉県所沢市、駅前の植栽に有機系太陽電池を利用した自立型誘導灯を設置

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月25日、有機系太陽電池技術研究組合(RATO)と埼玉県所沢市が協定を締結し、有機系太陽電池を用いた自立型発光デバイスの実証試験を開始したと発表した。実験期間は2015年11月から2017年2月まで。

同実証試験は、低日射や低光量の場所でも機能する自発光誘導灯「E-SEG」を用いて実施される。この誘導灯は、有機系太陽電池をLED蓄電池と組み合わせ、緊急時に誘導灯として使用でき、コードレスで電源や配線の制約がなく、また、特殊な架台なども必要としないため、低コストで設置することが可能だ。サイズは15センチ四方の本体に、1メートルの発光体が接続されている。この装置は、RATOにより開発された。

この装置は、航空公園駅前ロータリーの茶畑部分・駅前交差点の歩道植栽帯に49個設置され、日没から日の出までの間、誘導灯として発光させ、実使用環境下における耐久性などの性能を確認し、課題の抽出と解決を進め、実用化を目指す。

同事業は、NEDOの実施するプロジェクトの一環としてRATOと所沢市が実施するもの。所沢市は「マチごとエコタウン所沢構想」を掲げ、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入をはじめ、様々な取組を進めている。

【参考】
NEDO - 有機系太陽電池の実証試験を開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.