> > 「白熱灯にトップランナー制度」、「ネガワット取引市場の創設」など首相が表明

「白熱灯にトップランナー制度」、「ネガワット取引市場の創設」など首相が表明

 印刷 記事を保存

安倍晋三首相は26日、総理大臣官邸で開催した第3回「未来投資に向けた官民対話」において、エネルギー・環境制約を新しい投資の拡大につなげていく方針を示し、そのための政策的な方向について表明した。

具体的な方向性として、「省エネトップランナー制度を、本年度中に流通・サービス業へ拡大」「2020年までに新築戸建の過半数をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化」「2017年までに『ネガワット取引市場』を創設」を打ち出した。

今回の対話のテーマは「エネルギー関連の投資と課題」および「産業界の投資拡大と賃上げ等の考え方」。

積水ハウスの和田勇代表取締役会長兼CEO、エナリスの村上憲郎代表取締役社長、霧島酒造の江夏拓三代表取締役専務などが出席し、民間におけるエネルギー利用や省エネについての先駆的な取組みを紹介した。

安倍首相は、この日の議論を踏まえ、「安倍内閣はスピードを大切にしている。本日も、今日の提言、課題等を受けて、この場で政策的な方向を決定をしていきたい」と語り、エネルギー・環境制約を、新しい投資の拡大につなげていくための施策として、以下3点について表明した。

(※全文:1,112文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.