> > 2015年の太陽光発電システム導入量、過去最高9.4GWの見込み 民間調べ

2015年の太陽光発電システム導入量、過去最高9.4GWの見込み 民間調べ

記事を保存

資源総合システム(東京都中央区)は、日本の太陽光発電システムの2015年の導入状況と見通しについて、過去最高となる9.4GW(AC)、10.6GW(DC)を達成する見込みだと2015年12月2日に発表した。

2015年度の太陽光発電導入量について

日本における2015年の月別導入量(交流(AC)ベース)の推移(単位:MW)

経済産業省のデータによると、日本では2015年1~7月に計6,127MW(AC)の太陽光発電システムが導入された。今後も堅調な導入が見込まれるものの、足元では出荷量の減少が始まっており、同社は2015年暦年の導入量は過去最高となる9.4GW(AC)・10.6GW(DC)に達すると予想している。これは中国に次ぎ世界2位の導入量だ。

なお、今後は固定価格買取制度の改革なども影響し、2015年をピークに2016年以降の導入量は減少すると予測される。

2030年度太陽光発電導入予測

また、同社は、現状で想定されている技術状況と仮定した場合での成長ケースにおける2030年度末時点での累積導入量は91GW(AC)であり、太陽光発電の導入環境に大きな改善が進んだと仮定した導入量は110GW(AC)を超えるだろうと予測される。

「AC」とは、交流ベースの導入量・パワーコンディショナの合計容量のこと。「DC」とは、直流ベースの導入量・太陽電池モジュールの合計容量のこと。

日本市場の2030年度に向けた太陽光発電導入予測のまとめ
出典:(株)資源総合システム「日本市場における 2020/2030 年に向けた太陽光発電導入量予測」

資源総合システムは、太陽光発電に関する情報の発信・顧客の太陽光発電事業化支援および事業の強化・支援を行う太陽光発電専門シンクタンク・コンサルティング企業。国内外に対して太陽光発電に関する各種レポート等も発刊している。今年度発刊した他の調査レポートは「太陽光発電マーケット2015~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」など。

今後も同社は、「太陽光発電」を石油代替エネルギーから基幹エネルギーの一つに発展させるため、本格的な普及の実現と太陽光発電産業の更なる成長に貢献していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.