> > ビニールハウスに太陽光発電+蓄電池 地中熱なども利用し「化石燃料ゼロ」へ

ビニールハウスに太陽光発電+蓄電池 地中熱なども利用し「化石燃料ゼロ」へ

 印刷 記事を保存

山口県は12月1日、施設園芸作物の生産コストを削減するため、太陽光発電などの再生可能エネルギーを活かした独立電源システムと農林総合技術センターで開発されたイチゴ栽培の省エネルギー暖房技術を融合して、化石燃料を使用せずに暖房コストを大幅に削減する新たな施設園芸モデルの実証を発表した。

再エネ発電を導入、化石燃料「ゼロ」へ

山口県は、イチゴ栽培などの温室栽培技術において、これまでも太陽熱や地熱などを利用し化石燃料使用量の「削減」を目指してきたが、今回は太陽光発電を活かした独立電源システムを導入し、使用量「ゼロ」を目指す。

今回導入される独立電源システムでは、出力1.62kWのフィルム型太陽光発電を冬期に使用しないハウスに設置し、容量450Ahの蓄電池と組み合わせて利用する。また、イチゴの省エネルギー暖房技術では、クラウン部のみを加温する「テープヒーター」という専用ヒーターや、ハウス内の余剰熱を栽培施設の地下に貯める技術を導入している。

実証事業の概要は以下の通り。

(※全文:922文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.