> > ベトナムの病院に最新エアコン導入、約35%の省エネ効果 経産省のJCM案件

ベトナムの病院に最新エアコン導入、約35%の省エネ効果 経産省のJCM案件

 印刷 記事を保存

経済産業省は、二国間クレジット制度(JCM/Joint Crediting Mechanism)署名国であるベトナムにおいて、NEDOが実施中の「グリーンホスピタル促進事業」が、JCMプロジェクトに登録されたと発表した。

本事業は、ベトナムの2つの国営病院にインバーターエアコンを約1,000台導入し、それらを効率的に連携制御するエネルギー・マネジメント・システム(EMS)を用いた技術実証と温室効果ガスの排出削減効果の検証を行うもの。病院全体の省エネ効果は約35%を見込んでおり、併せて院内空気質の改善も図る。

(※全文:991文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.