> > 大阪府狭山市、公園へ太陽光発電・蓄電池を設置する事業者を募集

大阪府狭山市、公園へ太陽光発電・蓄電池を設置する事業者を募集

記事を保存
大阪府狭山市、公園へ太陽光発電・蓄電池を設置する事業者を募集

大阪府狭山市は、避難所となる都市公園2ヵ所に太陽光発電設備蓄電池設備などを設置する事業者を、12月18日まで募集している。

同公募は、災害発生等による停電時に、避難場所での活動に必要な最低限の電力確保を目的として実施されるもの。事業名称は、「大阪狭山市再生可能エネルギー等導入推進事業」。

採択事業者は狭山市内の狭山池公園と東大池公園に、太陽光発電設備と蓄電池設備を設置し、これに係る設計、工事監理、施工及び管理台帳作成までを行う。補助額の上限は6226万2000円(税込み)。

狭山池公園 導入施設の概要

狭山池公園 導入施設の概要
(※赤いラインは避難経路)

東大池公園 導入施設の概要

東大池公園 導入施設の概要

設置場所は、太陽光発電設備は公園内のトイレなどの施設に設置することとし、蓄電池は技術提案書により同市と協議のうえ決定される。また、停電時に、3日間太陽光発電設備と蓄電池設備により自立的に電力供給を行う場合の、シミュレーション例などの提案も必要だ。

採択事業者の決定と契約は12月中に行われる予定。事業期間は2016年3月31日までで、同時期に工事完了となる。

【参考】
大阪狭山市 - 大阪狭山市再生可能エネルギー等導入推進事業公募型プロポーザルの実施について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.