> > 省エネ対策になる「Jクレジット制度セミナー」 経産局が関東各地で無料開催

省エネ対策になる「Jクレジット制度セミナー」 経産局が関東各地で無料開催

記事を保存

関東経済産業局は、省エネや温暖化対策の一環として実施されているJ-クレジット制度の紹介などを通じ、各事業者に取り組み方を示すため、1月から3月にかけて東京・静岡・千葉など関東各地でセミナーを開催する。

経営者から実務担当まで役立つ内容

このセミナーでは、省エネや温暖化対策に取り組む企業の先進事例や省エネに関する予算、温暖化対策の一環として実施されているJクレジット制度の紹介などを通じ、各企業がどのように省エネ・温暖化対策に取り組むべきか、いかに企業経営と両立させていくかなどの検討に役立つことを目的としている。

いずれのセミナーも参加は無料。Jクレジット制度に関わるものならば企業規模や所在地などは問われず、大企業、中堅・中小企業、行政・企業支援関係者など、だれでも参加できる。なお、同セミナーの一部は、各地の自治体や金融機関と連携して開催される。

1月27日(水)にENEX2016内で開催される同セミナーでは、省エネ・温暖化対策をいかに企業の成長に結び付けていくための「Jクレジット制度」の活用方法などを紹介する。講演者は大東文化大学環境創造学部准教授・鶴田佳史氏と環境経済代表取締役・尾崎寛太郎氏。

翌日、1月28日(木)には、Jクレジット制度の解りやすい説明、中堅企業による先進的な省エネ・温暖化対策の事例紹介がミノリソリューションズ代表取締役・杉井康之氏と環境経済代表取締役・尾崎寛太郎氏によって行われる。

また、2月26日(金)に千葉銀行主催で開催されるセミナーでは、Jクレジット制度の活用方法として、「企業は省エネの実績を数値化して社内外にPRできる」・「排出権を売却して換金化できる」といったメリットの説明や、省エネに関する補助金について、また、千葉銀行の環境ビジネスへの取り組みについてなども紹介される。

各地で開催されるセミナーの情報は下記の通り。

セミナー開催日時・場所

日時 開催地 備考
1月18日(月)
10:00~11:30
アゴラ静岡 
(静岡市葵区)
静岡銀行主催(同局後援)のセミナーとして実施される。※静岡銀行と取引のない者でも参加可能
1月18日(月) 
15:00~16:30
アゴラ浜松
(浜松市中区)
静岡銀行主催(同局後援)のセミナーとして実施される。※静岡銀行と取引のない者でも参加可能
1月27日(水) 
13:00~14:00
東京ビッグサイト 
(東京都江東区)
【大企業・中堅企業向け】ENEX2016の中で開催。
詳細はENEX2016のサイトまで
1月28日(木) 
13:00~14:00
東京ビッグサイト 
(東京都江東区)
【中堅・中小企業向け】ENEX2016の中で開催。
詳細はENEX2016のサイトまで
2月26日(金) 
14:00~16:30
千葉銀行日本橋多目的ホール 
(東京都中央区)
千葉銀行主催(同局後援)の「第6回ちばぎん省エネ・ECOセミナー」として実施します。※千葉銀行と取引のない者でも参加可能
詳細は千葉銀行のサイトまで

開催が予定されているセミナー

2月午後予定 群馬県庁内会議室(前橋市)
3月上旬 時間未定 栃木県内
3月時間未定 茨城県内

経済産業省は、2015年7月に決定された長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)において、産業部門・業務部門・家庭部門・運輸部門の技術的にも可能な省エネルギー対策は、5,030万kl程度の省エネルギー対策を実施することによって、2030年度のエネルギー需要を326百万kl程度にできると見込んだ。

また、「パリ協定」が採択されたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で、日本が国連に提出した約束草案は、温室効果ガスを2030年度に2013年度比で26.0%削減する目標を掲げており、省エネルギーの取り組みを前提とした内容となっている。本セミナーはこのような状況を踏まえたもの。

Jクレジット制度とは、省エネ設備投資や森林整備などによる温室効果ガス(CO2など)の排出削減量を「クレジット」として国が認証する制度。省エネ法、温対法への目標達成やカーボン・オフセット、売買などが可能。

【参考】
関東経産局 - 省エネ・温暖化対策(J-クレジット制度)セミナーを各地で開催します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.