> > 東京電力、新しい電気料金を発表 2年間で4万円安くなるプランなど用意

東京電力、新しい電気料金を発表 2年間で4万円安くなるプランなど用意

記事を保存
東京電力、新しい電気料金を発表 2年間で4万円安くなるプランなど用意

東京電力は7日、4月の電力小売全面自由化に向け、新しい電気料金プランとサービスメニューを発表した。

顧客の住まいや家族構成、ライフスタイルにあわせた電気料金プランに加え、Webサービスの利用や毎月の電気料金の支払いに応じて貯まるポイントサービス、提携先の商品・サービスとセットで加入することで、お得となるセット割など、新しいサービスメニューを用意した。

例えば、大家族、ペットがいるなど、電気の使用量が多い家庭を対象とした「プレミアムプラン」では、モデルケースで、月額で約6%相当安くなる料金プランとした。また、3月31日までに2年契約で加入の場合、キャンペーン特典を付与。さらに、提携先のガス会社とのセットプランにすれば、2年間で約40,800円相当お得になるとアピールする。

また、事務所や商店などの事業者、マンション管理組合などで、電灯と動力(大型エアコン、業務用冷蔵庫、モーターなど)を使用している顧客向けでは、2年間契約で月々の料金が割引となるプラン等を設けた。

セットプランで割引となる提携先は、通信・インターネット分野はソフトバンクなど3社、暮らし・住まい分野は3社、生活サービスはTOKAIグループの4社、音楽配信分野はUSEN1社、家電分野はビックカメラ1社、ガス・エネルギー分野は9社の計21社となっている。

料金プランの先行予約については、電話では1月8日(金)午前9時から、Webサイトでは1月15日(金)午前9時から受付を開始する。また、提携先とのセット割は、提携先のWebサイトや窓口で順次受付を開始する。

また同社は、エネルギー事業の領域やサービスを提供するエリアの全国拡大を目指す。2016年4月は、現在の関西電力、中部電力のサービスエリアで事業を展開していく。

家庭向け料金プランの概要

スタンダードプラン

現在、約2,000万軒が加入している標準的なプラン(従量電灯B・C)にならったベーシックな料金設定(従量制)。単身~ファミリーを対象に時間帯を気にせずに利用できるプラントした。

3LDKのマンションに住んでいる4人家族をモデルとしたケース(現在の契約電流が40A、平均使用量が400kWh/月)で、1年間で約1,000円相当お得となるプランとなっている。提携先のニチガスとのセットプランに加入すると、1年間で約6,500円相当お得になる。

プレミアムプラン

電気代が月17,000円以上の電力の使用量が多い家庭を対象としたプラン。一定使用量(400kWh)までを定額料金とし、401kWh以上の単価を割安に設定。現在の従量電灯B・Cと比べてお得になる。2016年3月31日までに2年契約加入の場合、ポイントの付与などキャンペーン特典を提供する。

4LDKの一戸建てに住んでいる4人家族をモデルとしたケース(現在の契約電流が50A、平均使用量が700kWh/月)では、2年契約の先行予約で、約29,300円相当お得となるプランとなっている。さらに、提携先のニチガスとのセットプランに加入すると、2年間で約40,800円相当お得になるという。

ポイントサービスについて

ポイントサービスでは、電気料金のお支払い、Webサービスの利用などに応じて貯まるポイントを提供する。電気料金では1,000円につき5ポイントが貯まる(消費税等相当額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、延滞利息等は除く)。TポイントかPontaポイントを選択すると、その後は自動的にポイントが貯まる。また、電気料金などにポイントを充当できるサービスを、2017年春を目途にリリースする予定。

東京電力は4月からカンパニー制を導入

東京電力は、日本の電力市場が大きな変革期を迎えていることを受け、同社が引き続き福島原子力事故の責任を果たすとともに、顧客に低廉な電気を安定的に供給していくためには、各事業部門が最適な事業戦略を立て、同社グループ全体の企業価値向上に取り組むことが不可欠だとしている。

そのため、本年4月にホールディングカンパニー制へ移行し、小売電気事業部門は「東京電力エナジーパートナー」が担っていく。

約8兆円の小売り市場を巡って競争が激化

本年4月から電力小売りが全面自由化され、一般家庭や小規模事業所等も電気の購入先を自由に選べるようになる。この自由化によって、これまで地域の電力会社が独占供給していた約8兆円の小売り市場が開放される。

4月の全面自由化に向けて、本年1月から、電力を供給する小売電気事業者による電力供給申込みの事前受付が可能となった。これに伴い、新たに家庭向け電力小売り市場に参入する小売電気事業者や、これまで地域での供給を担ってきた電力会社が、お得な料金プランやサービスを発表し競争が激化している。

【参考】
東京電力 - 電力小売全面自由化に向けた新しいサービスメニューについて

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.