> > ソフトバンク、電力サービスに「FIT電気(再エネ)」プランを用意

ソフトバンク、電力サービスに「FIT電気(再エネ)」プランを用意

記事を保存

ソフトバンクは12日、電力小売りの全面自由化に伴い、新たな価値を創出する電力サービス「ソフトバンクでんき」を4月1日より提供すると発表した。

東京電力との業務提携により3種類のプランを用意し、4月1日より東京電力・中部電力・関西電力の3エリアでサービスの提供を開始し、順次全国へ拡大する。

電力サービスの申し込み受付は1月28日からサービス提供エリアのソフトバンク携帯電話取扱店および特設ウェブサイトで始める。

また、携帯電話・インターネットと電気など「おうち」に関するさまざまなサービスをソフトバンクでまとめて契約するとおトクになる「おうち割」の提供も1月28日より開始する。

さらにソフトバンクのオリジナルプランとして、再生可能エネルギーに由来する電力の使用を希望する顧客向けに「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」も今後提供する。なお、提供に関する詳細は準備が整い次第公表する。ソフトバンクグループでは再生可能エネルギーの普及・拡大を目指し、太陽光発電所風力発電所の建設・運営を推進している。

「ソフトバンクでんき」の利用料金は同社が提供する通信サービスと合算支払いが可能。また、東京電力との提携を通じて提供するプランでは、支払う電気料金に応じてTポイントが1,000円につき5ポイント付与される。

多消費世帯は携帯電話・ネットとのセットで年間約8万円お得に

東京電力との業務提携により用意した3種類のプラン「スタンダード(S/L/X)」「バリュープラン」「プレミアムプラン」のうち、もっとも力を入れるのは、使用量の多い顧客向けの「バリュープラン」だ。

現在の月額電気料金が8,000円~16,000円の3~4人家族を対象としている。電力量料金が300kWhまで定額、300kWhを超えると割安になる単価設定とし、実際の電力使用量が300kWhに満たない場合も、使わなかった電力量に応じてTポイント付与またはソフトバンクの携帯電話で使用可能なデータ量での還元のどちらかが選べるおトクなプランとした。

例えば、一戸建てに住んでいる3人世帯で、これまで従量電灯B(40A)で月間の平均電気使用量が392kWhの家庭が「ソフトバンクでんき」の「バリュープラン」に変えた場合、電気料金の割引額、「おうち割」適用に伴う割引額、Tポイント付与数の合計で年間約8,920円相当がお得になる。さらに「おうち割 光セット」と併せて加入した場合、年間約80,920円相当、お得になる。また特典として、「水のトラブル」「カギのトラブル」「ガラスのトラブル」の発生時に、出張料・作業料無料でかけつける「おうちレスキュー」を提供する。

ソフトバンクの「おうち割」について

「おうち割」は「ソフトバンクでんき」とソフトバンク携帯電話もしくは「SoftBank 光」などの固定通信サービスをセットで契約すると、最大2年間、ソフトバンク携帯電話もしくは固定通信サービスの利用料金から一定額を割り引くサービス。

携帯電話やインターネット、電気など「おうち」に関するさまざまなサービスをソフトバンクでまとめて契約するとお得になる「おうち割」の第一弾として、1月28日より「おうち割でんきセット」「おうち割光セット」を提供開始するとともに、「おうちレスキュー」特典を提供する。

「おうち割でんきセット」は、電気と携帯電話または「SoftBank 光」などの固定通信サービスをセットで契約すると、携帯電話または固定通信サービスの利用料金から最大300円/月をサービス。

また、現在提供している「スマート値引き」を「おうち割光セット」に名称変更して提供する。「おうち割光セット」は、携帯電話と「SoftBank 光」などの固定通信サービスをセットで契約すると、ソフトバンク携帯電話の利用料金から最大2,000円/月を割り引くサービス。「おうち割光セット」は、「おうち割でんきセット」と併用することができる。

さらに、水やカギ、ガラスなどのおうちのトラブルに出張料・作業料無料でかけつける「おうちレスキュー」特典を提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.