> > あたらしい省エネ技術開発・研究の支援事業、2018年度の公募スタート

あたらしい省エネ技術開発・研究の支援事業、2018年度の公募スタート

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月5日、新たな省エネ技術の開発・研究を支援する「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の2018年度第1回公募を開始した。公募期間は3月13日まで。同公募の説明会は全国7カ所で開催する。

同公募事業は、現行の「省エネルギー技術戦略」に掲げる、14の重要技術を中心に、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発を支援するものだ。また、重要技術のうち、適用範囲が広く横断的な取り組みが期待される「次世代型ヒートポンプシステム」、「パワーエレクトロニクス」などについては、「特定技術開発課題」を設定して積極的に支援する。

「3つの開発段階」「事業者連携」に支援する2つのスキーム

同公募事業では「基本スキーム」と「テーマ設定型事業者連携スキーム」の2つが設定されている。「基本スキーム」は、「実用化開発・実証開発の事前研究」「3年以内に製品化を目指す実用化開発」「速やかに製品化を目指す実証開発」の3つの技術開発フェーズを設けている。開発リスクや開発段階は開発技術ごとに異なるためだ。

「テーマ設定型事業者連携スキーム」は、2017年度より新たに設定した枠組み。このスキームでは、複数の事業者が相互に連携・協力して取り組むべきテーマ(技術開発課題)を設定し、3年以内に製品化を目指す事業を対象としている。企業(団体などを含む)・大学などが応募できる。

また、対象となる技術開発課題は、情報提供依頼(RFI/Request for Information)を行うほか、資源エネルギー庁から政策的に必要があるとして別途指示があったものについて設定する。今回は、「『高効率熱利用・ネットワーク技術』に関する革新的な技術開発」など4テーマを公募の対象としている。

事業の概要は以下の通り。

(※全文:1576文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.