> > NEDO、地熱バイナリ―発電や「シリカスケール」防止技術の研究スタート

NEDO、地熱バイナリ―発電や「シリカスケール」防止技術の研究スタート

 印刷 記事を保存

NEDOは、地熱発電の導入拡大に向け、環境保全を考慮したバイナリー発電システムや、シリカスケール付着防止技術の開発など4件を新たな研究開発テーマに着手すると発表した。

事業期間は2015年度~2017年度。2015年度予算は14億円を目安としており、原則として、NEDO負担率2/3の共同研究として実施する。また、実用化まで長期間を要するハイリスクな「基盤的・先進的技術」に対して、産学が協調して実施する研究開発については、原則としてNEDO負担率100%の委託で実施する。

バイナリー発電システムとは、地下から取り出した熱水を熱源として、水より沸点の低い液体と熱交換し、蒸発させ、その蒸気でタービンを回す発電方式である。

シリカスケールとは、地熱熱水に含まれるシリカ成分が、地下では高温・高圧状態にあるため溶解しているが、温度、圧力の変化により溶解度が変化するとシリカが析出し、配管や還元井に付着することをいう。特に、還元熱水から熱を回収し熱水温度が低下すると、シリカが析出しやすい。

採択テーマと委託・共同研究予定先は下記の通り。

(※全文:1,795文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.