> > 千葉県の住宅メーカー、国の方針に合わせ今年からZEHを販売

千葉県の住宅メーカー、国の方針に合わせ今年からZEHを販売

記事を保存
千葉県の住宅メーカー、国の方針に合わせ今年からZEHを販売

ヒラヤマホーム(千葉県成田市)は、2016年新春プランとして「ワンストップ価格のゼロ・エネルギー注文住宅(ZEH)」を提供していくと、1月19日に発表した。

2020年以降に建築される住宅は、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化が国の目標となっている。経済産業省は、エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」などの政策目標を公表している。同社はこれを受け、ZEH化に対応した住宅をラインナップに追加した。

同社のZEH対応住宅は、採光・遮熱・風通し・気密性を考慮した設計や、最新の省エネ機能搭載の家電を導入する「省エネ」、屋根に太陽光発電システムを設置することで「創エネ」、住人が消費電力量を把握できる「HEMS」の3つのポイントを取り入れたもの。

なお、同社はこの住宅について、今年4月末までのオプション込みの特別価格キャンペーンも実施する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.