> > ローソン、揚げ物の油で「バイオマス発電」 最新のモデル店舗は約70%省エネ

ローソン、揚げ物の油で「バイオマス発電」 最新のモデル店舗は約70%省エネ

ローソン(東京都品川区)は2016年2月5日、兵庫県姫路市に、コンビニエンスストアで初めてバイオマス発電システムを導入した最新環境配慮モデル店舗をオープンする。同社は、この店舗での外部調達する電力量の、約7割削減(2010年度比)を見込む。

同社は2008年より、最新の創エネ設備と省エネ施策を全国の店舗に導入し、実験・検討を行う環境に配慮したモデル店舗をオープンしており、今回で8店舗目となる。従来の環境配慮型店舗でも、外部調達する電力量の削減率を、3割、5割、6割減(いずれも2010年度比)と進めてきた。

今回の新店「ローソン夢前スマートインター前店」で初導入となるバイオマス発電システムは、店頭の揚げ物調理後に排出される植物性廃油などを他店舗から集め、その一部をリサイクルして生産したバイオディーゼル燃料を使用する。これにより、既存店舗の消費電力の約20%(2010年度対比)に当たる年間36,000kWh相当の電力を発電する。

(※全文:582文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.