> > ローソン、揚げ物の油で「バイオマス発電」 最新のモデル店舗は約70%省エネ

ローソン、揚げ物の油で「バイオマス発電」 最新のモデル店舗は約70%省エネ

記事を保存
ローソン、揚げ物の油で「バイオマス発電」 最新のモデル店舗は約70%省エネ

ローソン(東京都品川区)は2016年2月5日、兵庫県姫路市に、コンビニエンスストアで初めてバイオマス発電システムを導入した最新環境配慮モデル店舗をオープンする。同社は、この店舗での外部調達する電力量の、約7割削減(2010年度比)を見込む。

同社は2008年より、最新の創エネ設備と省エネ施策を全国の店舗に導入し、実験・検討を行う環境に配慮したモデル店舗をオープンしており、今回で8店舗目となる。従来の環境配慮型店舗でも、外部調達する電力量の削減率を、3割、5割、6割減(いずれも2010年度比)と進めてきた。

今回の新店「ローソン夢前スマートインター前店(姫路市夢前町前之庄995-1)」で初導入となるバイオマス発電システムは、店頭の揚げ物調理後に排出される植物性廃油などを他店舗から集め、その一部をリサイクルして生産したバイオディーゼル燃料を使用する。これにより、既存店舗の消費電力の約20%(2010年度対比)に当たる年間36,000kWh相当の電力を発電する。

同店にはその他にも、太陽光発電システム(12kW相当。うち10kWは売電し、2kWは店舗の消費電力に充当)、CO2冷媒冷凍冷蔵機、放射パネル空調(空冷式)、ペアガラス、LED照明など、12種類の創エネ・省エネ設備が導入されており、従来の店舗より大幅な消費電力削減を可能にしている。

主な環境配慮設備(計67.9%)

<コンビニ初>
[1]バイオマス発電システム
ローソン店舗等から排出される植物性廃油の一部をバイオディーゼル燃料にリサイクル。そのバイオディーゼル燃料を発電機の燃料として再使用
創エネ:19.3% バイオマス発電システム
[2]太陽光発電システム
店舗屋根上に12kW相当の太陽光パネルを設置して発電。10kW相当は売電し、2kW相当は店舗の消費電力に充当
創エネ:7.3% 太陽光発電システム
[3]CO2冷媒冷凍冷蔵機
フロン類と比較して地球温暖化係数が約1/4000のCO2冷媒を使用してノンフロン化するとともに、大幅な省エネを実現
省エネ:25.9% CO2冷媒冷凍冷蔵機
[4]要冷ケース(扉設置・断熱強化)
ショーケースに扉を付けて冷気漏れを防ぐとともに、断熱材を強化して断熱性能を高めることで、冷蔵効率をアップ
CO2冷媒冷凍冷蔵ケース
[5]LED照明
店舗の照明器具全てにLED照明を使用。天候に合わせて光の明暗を調節することで、さらに消費電力を抑制
省エネ:8.1% LED照明
[6]放射パネル空調(空冷式)
<コンビニ初>
放射パネルを売場天井部に設置し、物質の表面へ効果的に熱を伝えることで、快適性と空調効率を向上
省エネ:3.2% 放射パネル空調(空冷式)
[7]直達日射の抑制(アルミ庇)
南側の店舗庇を伸ばすことで、日射角度の高い夏期の直達日射と店外アスファルトからの輻射熱を抑制して店内への熱負荷を軽減
省エネ:3.0% 自然換気空調システム
[8]断熱性能の向上(ペアガラス)
日射角度の低い冬期の直達日射を適度に店内に入れながら、ペアガラスによる断熱効果から空調効率を向上
断熱性能の向上
[9]ダブルスキン(壁面テント)
西側の外壁に光触媒テントを張り、直達日射を遮ることで、外壁面の温度上昇を抑制して壁面から店内への熱負荷を軽減
省エネ:0.1% ダブルスキン(壁面テント)
[10]ダブルスキン(太陽光パネル)
屋根に太陽光パネルを設置して直達日射を遮ることで、屋根面の温度上昇を抑制し、屋根から店内への熱負荷を軽減
省エネ:0.2% ダブルスキン(太陽光パネル)
[11]断熱性能の向上(基礎・外壁)
断熱性能の高い材料で基礎と外壁を断熱することで、建物の断熱性能を向上させ、基礎と外壁から店内への熱負荷を軽減
省エネ:0.8% 断熱性能の向上(基礎・外壁)
[12]人工知能制御盤
各所に設置したセンサーで店内外の環境を検知し、人工知能で最適な機器制御を行って、店舗のエネルギーマネジメントを自動化
(制御機器に含む) 人工知能制御(EMS)

同店舗は2月5日(金)7:00にオープン予定。同社は今後も、実験データを既存店舗への新設備導入や新規設備の開発に活かす予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.