> > 京都市、トヨタの燃料電池車「ミライ」を無料レンタルしたい市民を公募

京都市、トヨタの燃料電池車「ミライ」を無料レンタルしたい市民を公募

記事を保存

京都市は燃料電池自動車(FCV)の普及のため、3月7日から3月31日まで、タイムズカーレンタル「京都新幹線口店」において、モニターとして試乗を希望する京都市民を公募し、FCVの貸し出しを行う。

京都市の公用車FCVを市民が利用できるカーシェアリング

同取り組み「モニター制度によるFCVカーシェアリング」は、京都市が公用車として所有する燃料電池自動車(FCV)のトヨタ「ミライ」3台を、京都市民にモニターとして利用してもらう取り組み。

FCVのレンタル費用は無料。ただし、燃料の水素代のみ利用者負担。乗車可能時間は9:00~15:00の最大6時間。乗車後はアンケートの回答義務がある。1日2組まで。参加者は京都市民に限り、このモニター制度に参加したい場合は、2月29日までに市の公式ウェブサイトから応募する。

(※全文:733文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.