> > 新型燃料電池で25%省エネする超高層マンション 積水ハウスが大阪に建設

新型燃料電池で25%省エネする超高層マンション 積水ハウスが大阪に建設

 印刷 記事を保存

積水ハウスと大阪ガスは24日、超高層マンションにおいて新型燃料電池を全戸に設置し、余剰電力を活用したCO2排出量と一次エネルギー消費量の大幅な削減を実現する次世代のエネルギーシステムを導入すると発表した。

本システムでは、家庭で使われなかった燃料電池の発電電力(余剰電力)は大阪ガスへ売電することができ、一次エネルギー消費量は積水ハウスが2008年に供給した超高層マンションと比較した場合、約25%削減できるという。

新型燃料電池

新型燃料電池

新型燃料電池は、大阪ガスが京セラなどと開発した、高効率・世界最小サイズの「家庭用燃料電池エネファーム type S」。今回の取り組みでは、小型化などを実現した新型燃料電池を導入することで、設置スペースの問題を解決。また、24時間700Wの定格出力運転を行うことで最大限高効率に発電した環境負荷の小さい電力を家庭で消費したり、大阪ガスへ売電することができる。

(※全文:1,963文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.