> > 小型の「熱電併給型」木質バイオマス利用システムが日本上陸 from Finland

小型の「熱電併給型」木質バイオマス利用システムが日本上陸 from Finland

記事を保存
小型の「熱電併給型」木質バイオマス利用システムが日本上陸 from Finland

電現ソリューション(東京都港区)は、フィンランドのVolter社と独占契約を締結し、木質チップを原料に電気と熱を同時に作り出すことのできる超小型木質バイオマス発電・熱利用装置「Volter 40」を3月4日から受注を開始する。

小型の熱電併給木質バイオマス利用システム

フィンランドのVolter社が開発した「Volter 40」は、木質チップを原料に電気と熱を同時に作り出す小型の熱電併給(CHP)システム。1時間あたり、電気40kW・熱100kWのエネルギーを作り出すことが可能。また、長さ約500センチ×高さ250センチという小型であるにも関わらず、発電効率は約22%、熱利用率は約56%、全体のエネルギー効率は約78%という非常に高い効率性も有している。

  • 出力:40kW(ガスエンジン発電機45kW) 100kW(85℃温水)
  • 寸法:長さ482センチ×幅127センチ×高さ250センチ
  • 年間最大稼働:7,800時間
  • ユニット重量:約4,500kg

燃料となる乾燥木チップは、水分率15%以下。サイズは63mm以下の切削チップ。燃料消費量は24時間当たり約4.5立方メートル。また消費量は1時間当たり38kg、1年では320t(推定上)になる。

日本初の導入は北秋田市の「道の駅」

道の駅「たかのす」

道の駅「たかのす」

なお、同製品は北秋田市の道の駅「たかのす」に導入される。北秋田市は面積の80%以上が森林であり、97,770haもの豊富な森林資源を有し、米代川流域を中心に秋田杉の豊富な木質バイオマス資源を有している。この豊富な木質バイオマスエネルギー道の駅「たかのす」で活用し、運営コスト削減に寄与する。

なお、同パッケージ「Volter 40」の日本国内への正式リリースと受注が開始される2016年3月に、東京ビッグサイト「第1回[国際]バイオマス発電展」にて、記者会見が行われる。会見では、北秋田市長およびVolter社の代表ヤルノ氏が「日本発導入した北秋田への波及効果について」や、「Volterと今後の日本市場での展開について」などについて話す。

小型バイオマスと熱供給効率化への期待

現在のFIT制度では、電気だけが買取の対象になっており、熱供給への配慮はされていない。そのため、日本では熱供給を度外視しており、これまでは発電効率優先で5,000kW以上の大型プラント開発が主流だった。

しかし、政府は2016年から2MW以下の小型木質バイオマス発電の電力買取価格を引き上げ、普及を推進している。このように、総合的なエネルギー効率が良く、エネルギーの地産地消が実現できる小型のシステムに対する優遇施策が強まり、今後は熱供給への優遇措置も検討されていることから、現在小型のバイオマス利用システムへの注目が集まっている。

電現ソリューションは、生活に必要不可欠な電気エネルギーを創造し、「安心安全なエネルギーを低価格で、かつ、安定して供給し続ける」という目標のもと、分散型エネルギーの実現・高効率エネルギーインフラ設備の技術革新を目指す。

フィンランドのVolter 社は主に木質チップを原料とするガス化熱電併給装置を製造している。従来製品よりコンパクトでエネルギー出力を高めた「Volter 40」は2014年にリリース。2015年にはイギリスで代理店販売を開始し、成長軌道に乗せており、日本市場への展開に向けては、電現ソリューションと独占代理店契約を締結した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.