> > 小型の「熱電併給型」木質バイオマス利用システムが日本上陸 from Finland

小型の「熱電併給型」木質バイオマス利用システムが日本上陸 from Finland

 印刷 記事を保存

電現ソリューション(東京都港区)は、フィンランドのVolter社と独占契約を締結し、木質チップを原料に電気と熱を同時に作り出すことのできる超小型木質バイオマス発電・熱利用装置「Volter 40」を3月4日から受注を開始する。

小型の熱電併給木質バイオマス利用システム

フィンランドのVolter社が開発した「Volter 40」は、木質チップを原料に電気と熱を同時に作り出す小型の熱電併給(CHP)システム。1時間あたり、電気40kW・熱100kWのエネルギーを作り出すことが可能。また、長さ約500センチ×高さ250センチという小型であるにも関わらず、発電効率は約22%、熱利用率は約56%、全体のエネルギー効率は約78%という非常に高い効率性も有している。

性能は下記の通り。

(※全文:1,427文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.