> > 日本製紙、秋田県の工場隣接地に7.5MWの風力発電システムを設置

日本製紙、秋田県の工場隣接地に7.5MWの風力発電システムを設置

記事を保存

日本製紙(東京都千代田区)は3月3日、ウェンティ・ジャパン(秋田県秋田市)と設立した合弁会社である日本製紙ウェンティ風力を通じて、秋田県秋田市向浜地区で風力発電事業を開始すると発表した。

今回の事業では、北都銀行(宮城県仙台市)より事業資金を調達し、EPC方式で三井造船(東京都中央区)が日本製紙秋田工場の隣接地に3基の風車を設置する。発電開始は2018年1月を予定し、発電した電気は「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)」を活用して東北電力(宮城県仙台市)に販売する予定。

風力発電事業の概要

  1. 合弁会社名: 日本製紙ウェンティ風力
  2. 建設予定地: 秋田県秋田市向浜地区
  3. 出資比率: 日本製紙 50%、 ウェンティ・ジャパン 50%
  4. 発電規模: 7.49MW(3基合計)
  5. 発電開始 2018年1月(予定)

エネルギー事業を拡大する日本製紙 風力にも着手

日本製紙は、第5次中期経営計画(2015~2017)で事業構造の転換を掲げ、エネルギー事業の拡大にも力を入れており、環境対応・安定供給・競争力の3つの視点で事業開発を推進している。

その中で、地球温暖化防止に貢献する再生可能エネルギーの開発にも取り組んでおり、これまで八代工場での未利用材100%によるバイオマス発電事業、小松島社有地および大竹工場での太陽光発電事業を行った。

今回新たに風力発電事業を推進することにより、再生可能エネルギーの更なる拡充を進めていく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.