> > 横浜港の風力発電、水素をつくる実証実験スタート 燃料電池フォークリフトに利用

横浜港の風力発電、水素をつくる実証実験スタート 燃料電池フォークリフトに利用

記事を保存
横浜港の風力発電、水素をつくる実証実験スタート 燃料電池フォークリフトに利用

神奈川県・横浜市・川崎市・岩谷産業(東京都港区)・東芝(東京都港区)・トヨタ自動車(愛知県豊田市)は、3月14日、京浜臨海部における再生可能エネルギーを活用した水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトについて、今年秋から試験運転を開始し、2017年より本格的に運用する計画であると発表した。

同プロジェクトでは、風力発電を利用して水素を製造し、貯蔵・圧縮するシステムを、横浜市風力発電所(ハマウィング)敷地内に導入する。

さらに、この水素を、簡易水素充填車により輸送し、同市内や川崎市内の青果市場や工場・倉庫等に導入する燃料電池フォークリフトで使用することで、地域と一体となった水素サプライチェーンの構築を目指す。

同事業の実証テーマと概要は、下記のとおり。

1. 風力発電により、水を電気分解して水素を製造

ハマウィングの電力を、東芝の水電解装置による水素製造と、同装置の動力として活用する。変動する風力発電量と水素需要の時間差を考慮し、設備を最適運転できるマネジメントシステムによりCO2フリー水素を製造する。

ハマウィング敷地内計画イメージ(パース)

ハマウィング敷地内計画イメージ(パース)

2. 最適な水素供給を行うための貯蔵と輸送

水素を安定供給するために、2日分の水素を貯蔵。ハイブリッド自動車の使用済バッテリーを再利用し、蓄電池システムを活用することで、ハマウィング停止時も安定的な水素供給が可能だ。

輸送は、燃料電池フォークリフト用の、岩谷産業の簡易水素充填車を日本で初導入し、最適輸送を行う。

蓄電池システム(株式会社トヨタタービンアンドシステム)

蓄電池システム(株式会社トヨタタービンアンドシステム)

簡易水素充填車(岩谷産業株式会社)

簡易水素充填車(岩谷産業株式会社)

3. 燃料電池フォークリフト導入利用

トヨタの燃料電池フォークリフト12台の導入先は、異なる使用条件で多様な実証が出来る4か所が選定された。導入先となる横浜市の青果市場やビール工場では、 短距離・多頻度での使用や重量物運搬を、川崎市内の物流センター2箇所では、屋内多層階での使用および水素充填や低温物流業での使用について、それぞれ検証する。同フォークリフトは今年2月に実用化モデルとして発表された機種で、水素充填3分で約8時間の稼働が可能だ。

燃料電池フォークリフトの特徴

燃料電池フォークリフトの特徴

燃料電池フォークリフトの導入先·水素運搬ルート

燃料電池フォークリフトの導入先·水素運搬ルート

4. 水素サプライチェーンの事業可能性調査

同実証における現状のコストから、量産体制の整備、必要な規制緩和項目の洗い出しなど、今後の水素価格低下に向けた対応の方向性を検討するほか、2030年頃を見据えた技術革新や、サプライチェーンの大規模化による普及・展開モデルについての検討を行う。また、電動フォークリフトやガソリンフォークリフト利用時と比べて、80%以上のCO2削減が試算されており、検証と今後の更なる削減に向け取り組む。

同自治体および同3社は、このプロジェクトの具体的な内容を、2015年9月から検討してきた。また、同事業は環境省が実施する「平成27年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.