> > 山口県宇部市、地域新電力の協力者募集 アグリゲーターや発電事業者など

山口県宇部市、地域新電力の協力者募集 アグリゲーターや発電事業者など

記事を保存

山口県宇部市は、同市が主体となって立ち上げる地域新電力事業の協力事業者を、3月18日まで募集している。

同市は、太陽光廃棄物系バイオマスなどの再生可能エネルギーを組み合わせた「エネルギーの地産地消」や、電力をはじめとした付加価値の高いエネルギーを地域に供給する仕組みづくり、およびスマートメーターを活用した高齢者見守りサービスなどの提供を目指し、地域新電力会社の設立に向け取り組んでいる。

今回の公募では、新電力会社の事業について、下記のような協力ができる事業者や団体、個人を有償・無償問わず募集する。

  1. 新電力会社設立に係る出資
  2. メガソーラーなどによる新電力会社への電源の提供
  3. 太陽光、バイオマスなど、再生可能エネルギーによる事業
  4. スマートメーターなどを活用したサービス事業
  5. その他新電力会社に必要な事業

応募するには、3月18日中に宇部市市民環境部環境政策課まで、メールや郵送、持参にて規定の申込書を提出する。なお、同事業の協力者募集は、今後も必要に応じて実施される予定だ。

将来は一般家庭への供給を目指す

今回の新会社設立にあたっては、支援事業者としてウエスト電力(東京都新宿区)が先月2月に採択された。

この宇部新電力会社(仮称)では、電力を可能な限り市内及び周辺地域から仕入れ、再生可能エネルギーの電源構成比率を高めることを目指す。しかし、それだけでは不十分なため、電力卸売市場を活用し、バックアップ電源として中国電力からも購入する予定だ。電力供給は、まずは市内の公共施設を対象におこない、将来的には一般家庭へと対象を拡げる計画。

自治体が主体となって設立する地域新電力は、国内ではまだ例が少ないが、群馬県中之条町の中之条電力や、福岡県みやま市のみやまスマートエネルギーなどが同様の事例として挙げられる。ドイツ米国では、こうした自治体によるエネルギー事業への参入が、エネルギーの地産地消や、分散型・自立エネルギーシステムの構築、地域活性化などに貢献する事例もあり、高い注目を浴びている。

【参考】
宇部市 - (仮称)宇部新電力会社協力事業者等の募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.