> > NEDO、洋上風力発電の観測データを公表 銚子沖・北九州沖の研究成果

NEDO、洋上風力発電の観測データを公表 銚子沖・北九州沖の研究成果

記事を保存
NEDO、洋上風力発電の観測データを公表 銚子沖・北九州沖の研究成果

NEDOは、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖などで取り組んできた着床式洋上風力発電の実証研究の成果の一部として、風況、波浪・潮流などの海象、および風車の発電観測データを公表した。

本データが洋上風力発電の導入に活用されることを目的としている。これまで、洋上の風況・海象データを長期間にわたり取得したものを公表した例はほとんどなかった。

この実証研究は2016年度まで実施する予定。今後、事業終了までに得られた観測データは随時公表する。

実証研究の概要と公開データについて

NEDOは、国内で初めての沖合における洋上風力発電の実現に向けて、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖の2カ所で、洋上の風向と風速を観測する洋上風況観測タワーと実際に洋上で発電を行う洋上風車を実海域に設置するプロジェクトを2009年度に開始した。銚子沖では2013年3月より、北九州市沖では2013年6月より運転を開始している。

これにより、日本で洋上風力発電を実施するにあたり必要となる風車の建設・運用・保守に関する技術の開発や環境影響評価手法の検討を行う。

今回、本実証研究での銚子沖と北九州市沖における風向・風速等の風況観測データ、有義波高・流速等の海象観測データ、および発電電力量・設備利用率の風車観測データを公表した。

詳細はNEDOのウェブサイト「国内初!沖合における洋上風力発電への挑戦」に掲載されている。

公表データの概要

風況(2013年1月~12月)

  1. 風速別階級別の頻度分布(年間平均値)
  2. 風向出現率(年間平均値)
  3. 平均風速の鉛直分布(年間平均値)
  4. 風速階級別の乱流強度分布(年間平均値)
  5. 平均風速とデータ取得率(月別平均値)
  6. 平均乱流強度(月別平均値)

海象(2013年1月~12月)

  1. 有義波高の階級別頻度分布(年間平均値)
  2. 有義波周期の階級別頻度分布(年間平均値)
  3. 波高と周期の頻度表(年間平均値)
  4. 平均有義波高・データ取得率(月別平均値)
  5. 平均有義波周期・データ取得率(月別平均値)
  6. 流速の頻度分布(年間平均値)
  7. 流向の頻度分布(年間平均値)
  8. 平均流速の鉛直分布(年間平均値)
  9. 平均流速・データ取得率(月別平均値)

風車(2013年6月~2014年5月)

  1. 発電電力量、設備利用率(風速データに基づく推計値を含む)

【参考】
NEDO - 洋上風力発電の観測データを公表

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.