> > JPEA、太陽光発電の託送料金制度に見直しを要求 「電圧や地域で分けるべき」

JPEA、太陽光発電の託送料金制度に見直しを要求 「電圧や地域で分けるべき」

 印刷 記事を保存

太陽光発電協会(JPEA)は、ネットワーク側の主要な送配電設備の増強等に係る費用負担を、電源種別ごとの設備利用率に基づいて一般負担の上限額を指定する提案について、3月15日に開催された第11回広域系統整備委員会で意見表明をおこなった。

2015年11月に経済産業省が公表した「発電設備の設置に伴う電力系統の増強及び事業者の費用負担の在り方に関する指針」で、送配電設備の増強に係る費用負担について、太陽光発電の一般負担の上限額が1.5万円/kWと提案された。

(※全文:676文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.