> > 自然エネを用いた電力、「料金が現状以下」なら約8割が切り替え Looopが調査

自然エネを用いた電力、「料金が現状以下」なら約8割が切り替え Looopが調査

 印刷 記事を保存

Looop(東京都文京区)は、関西・中部・関西圏に在住の男女1万名の対象に、インターネットを通じて「電力小売り自由化」に対する意識調査を実施した結果を発表した。

これによると、6割以上が新しい電力プランへの乗り換えに関心を示す一方で、「契約を変えた/手続き中」、「具体的な候補がある」などの具体的に検討している人は14.1%にとどまった。また、約77.3%が現在の料金プランと同価格以下なら自然エネを用いた電力プランへの乗り換えると回答した。

本調査の期間は3月11日~13日。その他調査結果の概要は以下のとおり。

(※全文:1,068文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.