> > ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大16.8%の電力を削減 室温も維持

ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大16.8%の電力を削減 室温も維持

記事を保存
ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大16.8%の電力を削減 室温も維持

川崎市とアズビル(東京都千代田区)は、電力利用合理化の取組として、2016年1~2月にかけて3日間にわたり、川崎御幸ビル(川崎区砂子)の冬季使用電力のデマンドレスポンス(DR)の実証を行った。その結果、空調設備の電力消費削減により、ベースライン(基準値)に対して最大で16.8%の消費電力削減を達成した。

ピーク電力を予測して遠隔制御により電力消費を削減する実証試験

  • 実施日:2016年1月20日、2月4日、2月22日
  • 場所:川崎御幸ビル(川崎区砂子1丁目8番地9)
  • 実施時間:午前10~11時、午後4時~5時(1日2回)

同実証試験は、アズビルがピーク電力を含む電力需要を予測し、アズビルの集中管理センターからBEMSを通じて自動デマンドレスポンスの依頼が発行され、遠隔制御によってビルの空調機の電力消費を削減するというもの。

一例として、2月4日(木)午前の結果は、ベースラインに対して最大16.8%、平均12.9%の電力が削減され、合計の削減量は36kWhであった。また、実施時にDR対象フロアの温度、CO2濃度を計測した結果、いずれの時間帯も室内温度は設定温度で推移し、CO2濃度は基準値以下で推移していたことが確認された。

川崎駅周辺地区のスマートコミュニティ事業について

川崎駅周辺の地区では、エネルギーの効率的な利用や市民生活の快適性・利便性の向上を目指したスマートコミュニティの実現に向けて、市民等で構成する事業委員会を立ち上げ、取組を進めている。

その内の主要プロジェクトとして、地域全体のエネルギーマネジメントに係る実証事業「BEMSを活用したビル内エネルギー管理」が実施されることとなった。建物のオーナーとテナントが連携して省エネに取り組み、双方にメリットを生み出す。

同実証では、川崎市の市庁舎である川崎御幸ビルで、事業としての実現性があるかどうか確認された。

市はこうした実証等を通じてエネルギーの最適利用による低炭素化を図り、市民生活における利便性の向上等につながるスマートシティの実現に向けた取組を進めていく。

アズビルはazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、同実証を通して得たノウハウを活用し、今後も快適と省エネの両立を実現するエネルギーマネジメントソリューションを提供していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.