> > 小規模な木質バイオマス利用、水素化する新技術で発電効率アップする実証実験

小規模な木質バイオマス利用、水素化する新技術で発電効率アップする実証実験

 印刷 記事を保存

北海道電力は5日、ほくでんグループの北電総合設計(札幌市)とともに、地域に根ざした再生可能エネルギーの導入拡大に向けて、2016年度から倶知安町において、水素を活用した新たな技術の開発を目指す「小規模木質バイオマス発電実証事業」に取り組むと発表した。

木質バイオマスのガス化(水素製造)、燃料電池発電、熱回収を組み合わせることで、高効率の発電システムを構築し、地域密着型の小規模木質バイオマス発電システムを目指す。

この実証事業は、北電総合設計が、東京大学と一般社団法人日本森林技術協会と共同で、林野庁補助事業「木質バイオマスの加工・利用システム開発」へ応募し、候補者に選定されたものである。

従来の木質バイオマス発電の多くは、石炭火力発電と同様に蒸気タービン式の発電システムを採用しているが、小規模では発電効率が低下するため、導入にあたっての課題となっている。

本実証事業では、具体的には、木質バイオマスをガス化および改質することで「水素」を生成し、燃料電池で発電する「高効率発電システム」の構築を図る。加えて、燃料電池から発生する排熱を全量回収・活用することで、全体のエネルギー効率向上を実現するものである。

(※全文:1,732文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.