> > 省エネ型リサイクル設備の導入に補助金 高効率選別など先進性が条件

省エネ型リサイクル設備の導入に補助金 高効率選別など先進性が条件

 印刷 記事を保存

環境省は4月27日、一般廃棄物処理または産業廃棄物処理事業者に対して、使用済製品のリサイクル工程において、複数樹脂の選別を同時に行う光学選別設備や、アルミ・銅等の非鉄金属高度破砕・選別のための設備の導入に補助金を交付すると発表した。公募期間は、5月31日(17時必着)まで。

事業名称は「平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業)」。本事業は、使用済製品等の分別収集・輸送・破砕・選別・再資源化プロセス全体のエネルギー起源CO2の排出抑制および再生資源の回収効率の向上を図ることを目的とする。

補助率は、省CO2型のリサイクル高度化設備の導入費用の1/2が上限となる。補助事業の実施期間は、原則として交付決定日以降から2018年2月末まで。

同補助金の執行団体は、廃棄物・3R研究財団(東京都墨田区)。なお、本公募説明会を5月9日~18日に、東京、福岡、大阪、仙台、札幌で開催する。

対象事業は、下記の「複数樹脂同時選別設備導入事業」と「非鉄金属高度破砕・選別設備導入事業」の2つ。

(※全文:993文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.