> > 省エネ型リサイクル設備に補助金 太陽光発電、破砕・選別設備などが対象

省エネ型リサイクル設備に補助金 太陽光発電、破砕・選別設備などが対象

 印刷 記事を保存

環境省は5月8日、一般廃棄物処理・産業廃棄物処理を行うために必要な設備導入を行う事業者に対して補助を行うことを発表した。執行団体は、廃棄物・3R研究財団(東京都墨田区)。

この補助金の名称は「平成30年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業)」。これは使用済製品等の分別収集・輸送・破砕・選別・再資源化プロセス全体のエネルギー起源CO2の排出抑制や再生資源の回収効率の向上を図るための設備の導入を支援するものだ。

補助対象事業は4つ

補助対象となるのは、日本国内の事業所に設備を設置する下記のいずれかの事業。

(※全文:993文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.