> > 発電計画・調達計画の記載、間違えないで OCCTOが書き方の講習会を開催

発電計画・調達計画の記載、間違えないで OCCTOが書き方の講習会を開催

記事を保存

電力広域的推進運営機関(OCCTO)は、同機関に発電販売計画、需要調達計画、連系線利用計画を提出している事業者向けに、こらら各種計画の記載方法についての講習会を開催する。

4月1日分以降、発電契約者・小売事業者から同機関に提出されている各種計画は、現在においても計画入力間違いが散見される状況となっている。同機関は電力システム改革第2段階における新たな制度(計画値同時同量制度)への移行に伴う問題として、広域機関システムにおいてインバランス料金を清算するための業務が円滑に進んでいないことをあきらかにしているが、この不具合の原因として、計画データの記載誤りが影響している可能性をあげている

このため、このまま計画データの入力間違いの状況が続くと、今後の安定供給やインバランス算定に影響を及ぼすことが懸念されため、同期間はこの講習会を開催することとした。発電事業者・小売事業者の参加は任意だが、こうした状況を踏まえて、積極的な参加を呼びかけている。詳細は下記の通り。

計画記載方法の講習会

日時

5月16日(月)~20日(金)15:00 ~ 17:00
※5回開催、各回とも同じ内容。前半、後半の2部構成。

場所

電力広域的運営推進機関 会議室
〒135-0061 東京都江東区豊洲6-2-15

対象者

同機関に対し、翌日計画等の計画(発電販売計画、需要調達計画、連系線利用計画)を提出している事業者。参加は任意だが、入力間違いはインバランス算定にも影響を及ぼすことが懸念されるため、積極的な参加を呼び掛けている。

講習内容

第1部はコードの間違い、合計欄の記載間違いなど、計画記載においてよくある間違いについて解説する。第2部は希望の事業者を対象に、実際に提出した計画データ(5月3日分翌日・当日計画を予定)を用いて、正しい記載方法について個別の講習を行う。

注意事項

第2部の個別講習に参加希望の事業者は、ノートパソコンを持参のこと。ノートパソコンには、講習で使用する5月3日分翌日・当日計画および同機関指定の「入力支援ツール(同時同量計画)」を事前に格納の上持参する。ノートパソコンの用意が困難な事業者は、申込時に相談のこと。

参加申し込み方法

事業者名や参加希望日等の必要事項を記載の上、5月13日(金)15時までにメールで申し込む。折り返し参加日について連絡する。詳細は、同機関のホームページを参照のこと。


広域機関システムは、発電や需要等の各種計画を事業者から電子的に受け付け、需給状況の管理や連系線利用の計画等の業務を行うためのコンピューターシステムである。本年4月に運用を開始した。本システムの連系線利用計画機能については段階的に運用開始するとしているが、システムの不具合により1時間前市場における連系線を利用した取引の開始が遅延している。

【参考】
OCCTO - 計画記載方法の講習会開催のご案内

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.